最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

滝クリに議員の妻たちが忠告「私なら夫に育休は取らせない」

社会・政治 投稿日:2019.10.13 06:00FLASH編集部

滝クリに議員の妻たちが忠告「私なら夫に育休は取らせない」

地元の婦人部の会に出席する柿沢幸絵さん

 

 一方、無所属の柿沢未途衆院議員(48・東京区)の妻・幸絵さんは、夫が長年築き上げた後援会の基礎票に加え、女性層の支持獲得に奮闘している。

 

政治家は、人間の一生に関わる仕事。小選挙区制の導入後は、政治活動はもちろん、議員の人柄、生き方が問われるようになってきていることを感じます」

 

 東京都出身の幸絵さんは、専門学校を卒業後に社会人となったが、26歳で早稲田大学に進み、政治に目覚めて、松下政経塾で学んだ才媛。自身も、2005年の都議会議員選挙で初当選。3期12年の都議生活を送った。

 

 義父は、羽田孜内閣で外務大臣を務めた故・柿沢弘治氏。幸絵さんが “名家” に嫁いだのは7年前。夫・柿沢氏が2度めの当選を果たした2005年の都議選で、同じ会派に所属したことがきっかけだった。

 

「未途さんが政調会長、私は副政調会長を務めました。いわゆる “職場恋愛” ですね」

 

 入籍翌日の2012年12月4日、夫・柿沢氏の衆議院選挙の届け出をすませ、出陣式に夫婦で臨んだ。幸絵さんは、都議2期めの2012年から5年間、代議士の妻と二足の草鞋を履くことに。

 

「二世議員は、『地盤を引き継ぐことができるから有利だ』と思われがちですが、小選挙区制は風向き次第で、選挙結果が大きく変わるのが最近の特徴。

 

 そのため日ごろから地元の意見を伺ったり、後援会とのつき合いも重要になってきます。柿沢は地元での会合には、時間の許す限り顔を出すようにしています。スケジュールが厳しいときは、私が代理で出席しています」

 

 滝クリは、自身のインスタグラムで「『政治家の妻はこうあるべき』という形にとらわれず、私らしくありのままの生き方、スタイルを尊重してくれる」とのろけたが……。

 

「代議士の妻として、活動をしなくてもかまいませんが……。ただ、地元に密着して、議員本人が収集できない情報を得るための、人づき合いをしておくことは必要かもしれませんね」

 

 小泉議員の育休発言については、手厳しい意見。

 

「議員は会社員ではなく、24時間態勢で対応する仕事。困っている人を前に、育休を理由にすることは私にはできない。

 

 議員は夢を与える仕事でもありますし、進次郎さんには多くの人が期待しているので、育休によってアクセスできなくなるのは残念だと思います」

 

 滝クリに代議士の妻としての自覚はあるのか。その覚悟が問われる。


(週刊FLASH 2019年10月15日号)

12

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入