最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

令和の名前がついた「橋」と「駅」お客は増えた?

社会・政治 投稿日:2019.10.19 06:00FLASH編集部

令和の名前がついた「橋」と「駅」お客は増えた?

瀬田川令和大橋

 

 国道の橋として全国で初めて名前に「令和」を冠して、5月26日に開通したのが、滋賀県大津市の「瀬田川令和大橋」。

 

「この9月には橋を渡った先にバイパスが開通して、三重県方面に行きやすくなりました」(滋賀県庁道路課・石黒達也さん)

 

 新名所として話題かと思いきや「交通量は、増えた気がしますが、わざわざ橋を見に来る人はいませんね」(地元旅館の女将さん)とのこと。

 

 

 じつは橋の近くには、戸田恵梨香主演で放送中の朝ドラ『スカーレット』の舞台となる信楽町が。話題沸騰までもう少しだ。

 

 一方、令和初の新駅となったのが、福岡県の平成筑豊鉄道「令和コスタ行橋駅」(無人駅)。変わった駅名だが、「コスタ」とは、地元の大手商業施設の名称だ。

 

「もともと、大手商業施設『コスタ行橋』の裏に線路が走っていたのですが、隣の両駅からは歩くと距離があるため、数年前から駅の新設が望まれていたんです」(平成筑豊鉄道 営業企画課・波多野淳一さん)

 

 デザイン監修は、観光列車を多数手がける水戸岡鋭治氏。駅に使用された地元の檜や杉でつくられた「記念切符セット」は、開業初日に完売。鉄道マニアの名所となる日も近い。

 


(週刊FLASH 2019年10月22・29日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入