最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1536号
11月19日号
11月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

辞任した菅原経産大臣、本誌に語っていた「最後は誠意しかない」社会・政治 投稿日:2019.10.25 17:45

辞任した菅原経産大臣、本誌に語っていた「最後は誠意しかない」

 

 10月25日、菅原一秀経産大臣が辞任を表明した。公設秘書が、地元選挙区の通夜で香典を渡したことなど、公職選挙法違反疑惑が『週刊文春』に報道されたためで、後任は梶山弘志・元地方創生担当大臣になる。

 

 菅原氏は、報道陣に対し「私の問題に関して国会が停滞するということは本意ではない」と説明し、「任期途中で経済産業大臣の職を辞することは慚愧(ざんき)に堪えないが、この点、おわびを申し上げたい」と語った。

 

 

 菅原氏は、2003年の初当選以降、6回当選しているベテラン。厚労大臣政務官、経産副大臣などを経て、9月11日に初入閣した。

 

 政界に入る前、総合商社の日商岩井(現・双日)で、商社マンとして働いていた菅原氏は、初入閣に際し、本誌のインタビュー取材に応じている。

 

「子供のころから政治家を志していましたが、サラリーマンとして、海外でのビジネスに携わりたかった。資源のない日本が、世界の中でどう生き残り、成長していくのかを学びたかった」

 

 商社時代は、広報や総務の仕事も経験した。バブル経済の全盛期、「反社」対策も一苦労だったという。

 

「商法改正前で、『反社会的勢力』 の人が大勢来る。彼らは、やれ『この本を買え、この絵を買え』と言ってくる。それをさんざん聞いて、頷いて、いかにこちらが何も払わずに、彼らに帰ってもらえるかが勝負なわけです。結局最後は、誠意をもって人と接するしかないということを、身をもって学びましたね……」(菅原氏)

 

 菅原氏は、早稲田大学時代、TRFのSAMとユニットを組んだ元ダンサーだ。

 

「SAMとは、いまでも1カ月に1回くらいのペースで会っています。大臣就任が決まった後、『おめでとうございます。俺も頑張ります』って簡単なLINEが来た(笑)」

 

 人間関係を大事にしたかったのかもしれないが、公職選挙法を犯してしまったのだとしたら、脇が甘かったと言うしかない。

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入