最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1540号
12月17日号
12月3日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

在日米軍兵士が「白タク」日本人タクシーが潰される!社会・政治 投稿日:2019.11.16 06:00

在日米軍兵士が「白タク」日本人タクシーが潰される!

米軍関係者が乗ったYナンバーのワゴン車


「ここ最近、自車の売り上げが、以前より月に数万円は減りました。アメリカ軍人は、Yナンバーをつけているからといって、何をしてもいいと勘違いしている。白タク行為なんてもってのほかだよ」

 

 本誌にそう憤慨するのは、沖縄県の中部地区在住で、米軍基地内への通行許可があるタクシー運転手。

 

 Yナンバーとは、米軍関係者が所有する、ナンバープレートに「Y」の文字が記載された自家用車のことだ。

 

 

「沖縄でYナンバー車による白タク行為が目立つようになったのは昨年末ごろから。SNSを通じて予約を取った米軍兵士を客にして、繁華街と基地内を行き来する光景が目撃されています」(地元紙記者)

 

 情報をもとに、本誌が沖縄・北谷町美浜地区や桑江地区など、米軍関係者が集う繁華街を張り込むと、白タク行為をおこなっているYナンバーの車両を複数台目撃した。

 

 11月1日22時30分過ぎ。Yナンバーをつけたワゴン車が、1分ほど客待ちをすると、米軍関係者を乗せて夜の街に消えていった。その後も、次々とYナンバーの車両が現われては、客を乗せて走り去っていく――。

 

 沖縄中部個人タクシー事業協同組合の親富祖信夫理事長が、「米兵たちの白タク行為は理不尽極まりない」と嘆く。

 

「私たちは、タクシーで米軍基地内を通行するために、毎月、米軍に入域料を支払っています。なのに、白タク行為で米軍関係者の利用客が激減し、営業に支障が出ています。でも、私たちには逮捕したり注意したりできる権利はありません。

 

 なので、情報を集めて行政に訴えているのですが、なかなか動いてくれません。米軍だって間違いなく知っていますよ。だけど放置している。だから彼らは、大手を振って白タク行為をおこなっているんですよ」

 

 内閣府沖縄総合事務局運輸部の金城満氏は力なく話す。

 

「白タク行為がなくなるようにと、県警と米軍の三者で話し合ってはいるのですが……。解決に向けて地道に続けていくしかないですね」

 

 なぜ、沖縄で白タク行為がはびこっているのか。そこには、屈辱の “治外法権” があるという。

 

「背景には、“不平等条約” そのものである日米地位協定があります。もし、白タク行為を理由に米兵を逮捕したとしても、起訴するまでは米兵の身柄を拘束することもできません。

 

 県警は取調べをするたびに申請を出して、しかも取調べは基地内でしなければいけない。そのため、捜査が困難を極めるので、県警も二の足を踏んでいるのでしょう」(地元紙記者)

 

 米軍嘉手納基地第18航空団広報局に見解を問うと、以下のような回答が。

 

「違法なライドシェアリングサービスを促進しているSNSの存在は認識しているが、白タク行為は米軍が(組織として)おこなっているわけではない。すべての軍人にタクシー、代行サービス、バスなどの公の交通機関を利用するよう指導しており、さらに相乗りサービスは違法であることも周知徹底している」

 

 ある弁護士は、別の観点から白タク行為を懸念する。

 

「白タク行為は、一般のタクシーに比べると割安かもしれません。ただし、明確な違法行為であり、無許可ゆえに、酒気帯びチェックや保険の問題もクリアしているとはとても思えません。なによりも、売り上げから税金の徴収ができないということが問題ではないでしょうか」

 

 本誌が白タク行為をおこなっている米軍関係者を直撃したところ、返ってきたのは、「FUCK!」の捨て台詞だった――。

 

(週刊FLASH 2019年11月26日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入