最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1540号
12月17日号
12月3日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

留学生「タダ働き3カ月」Uberジャパン絶望の現場社会・政治 投稿日:2019.11.18 06:00

留学生「タダ働き3カ月」Uberジャパン絶望の現場

都内のビルで夜通し洗車するAさんたち

 

アルバイトなんて名ばかりで、平成ハイヤーでは、日報整理やETCの精算業務、ハイヤーの洗車に加えて、ほかの留学生アルバイトを集めることまでやらされていました。なのに、3月から5月は賃金すらもらっていません」

 

 そう訴えるのは、ウズベキスタン人留学生のAさん(30代)だ。彼が働く「平成ハイヤー」は、「UberJapan」から委託され、配車サービス「Uber」にハイヤーを提供しているタクシー会社だ。

 

 

 11月6日、この平成ハイヤーの会長・中澤和彦容疑者 (59)ら5人が、入管難民法違反容疑で北海道警に逮捕された。同社が旭川市で経営する、日本語学校に通うベトナム人留学生2人に仕事を斡旋して、法定時間を超える長時間労働をさせていた容疑だ。

 

 世界的にシェアを拡大するUber。その日本法人がハイヤー業務を委託する企業が、摘発されただけでも驚きだ。そのうえ平成ハイヤーは、「Uberのハイヤー業務でも、留学生たちをこき使っていた」と、Aさんは告発する。

 

 もともと、ウズベキスタンの大学で日本語講師だったAさんは、2015年に留学生として来日し、現在は国立大学の博士課程に通う。学業のかたわら、平成ハイヤーで2018年8月からアルバイトを始めたという。

 

「次第に『大学には行かずに、こちらの仕事に専念しろ』と言われるようになりました。安く使える留学生を募集するために、『ウズベキスタンに支社を作れ。だが、その費用は自分で稼げ』『洗車業務のアルバイトは自分で集めろ』などと、無理難題を押しつけてきたのです」

 

 やむなくウズベキスタン人やタジキスタン人、ネパール人留学生ら10人ほどで洗車業務を続けていたが、Uberハイヤーで稼働している数十台のハイヤーすべてを洗車するのは、かなりの重労働だった。

 

 Aさんも大学を休み、働きに行かされた労働時間が週28時間を超える、違法労働になる留学生もおり、しかも賃金は一部しか払われなかったという。

 

「留学生たちは、タダ働きの文句を、いちばん先輩格の私に言ってきました」

 

 困ったAさんは、ウズベキスタン大使館を頼った。

 

「相談を受けて、大使館として平成ハイヤーの関係者を2回呼び出し、オーバーワークさせないことと、賃金を全額払うよう、注意しました」(ウズベキスタン大使館)

 

 逮捕される前の2019年8月、中澤会長に電話で話を聞いた。

 

「Aが嘘をついているんです。騙されたのはこちらです。Aが勝手に人を集めてやっていたこと。給料の未払いもありませんよ」

 

 Aさんの代理人を務めるフェアネス法律事務所の遠藤直哉弁護士は、怒りを表わす。

 

「平成ハイヤーは、払うべき賃金すら払わないうえに、『Aさんへの立替金』だとして、250万円を超える返還請求訴訟まで起こしてきました。事実無根で、明らかに嫌がらせ目的。反訴して徹底的に闘います。今回、道警が会長を逮捕したことは、大きな意味を持つでしょう」

 

 一方、UberJapanに話を聞くと、「ドライバー、従業員さまへの指導は、パートナー会社さまに一任しております」と、“無関係” を強調するばかりだった。

 

 世界規模で利益を上げるUberだが、それが現場の労働者の犠牲の上に成り立っていることに、向き合うつもりはないのか。

 

(週刊FLASH 2019年11月26日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入