最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1575号
9/29・10/6合併号
9月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

8月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

実は成果ゼロの「安倍外交」韓国との関係悪化に“3つの失敗”社会・政治 投稿日:2019.12.19 06:00

実は成果ゼロの「安倍外交」韓国との関係悪化に“3つの失敗”

 

 外交関係の予定が目白押しの、安倍晋三内閣総理大臣(65)。目玉は、12月23日~25日の訪中だ。日中韓首脳会談への出席が目的だが、中国の習近平国家主席、韓国の文在寅大統領との個別会談も調整中。

 

 また現地の治安情勢悪化で延期されたものの、インドのモディ首相との会談も予定しており、イランのロウハニ大統領の来日や、2020年1月中旬には自身の中東訪問も控えている。

 

【関連記事:安倍晋三首相が居座る元凶「官邸の黒幕」を直撃!】

 

「桜を見る会」をめぐる問題が紛糾するなか、“得意” の外交で、失地回復を狙っているのだろうが、じつはこれまで、安倍外交は成果らしい成果を挙げていない。

 

 今回は、韓国との外交がうまくいっていない理由を、地域エコノミストの藻谷浩介氏に解説してもらった。

 

「安倍外交は、『外交も商売も、感情を計算に入れてはいけない』という原則を忘れている印象を受けます。それが、失敗の理由でもあると思います。

 

 失敗の第1の理由は、『組むべき相手を間違っていること』です。国と国との関係について見たとき、常識的に考えて、日本は韓国と仲よくやっていくしかない。

 

 日本と国境を接している国は、アメリカ、フィリピン、ロシア、中国、台湾、北朝鮮、そして韓国です。アメリカは遠すぎるので、このなかで、『中国に対抗するために戦略的パートナー』になるとしたら、韓国以外にありません。

 

 民主主義の国同士、価値観もそれほど違わない。『日本と韓国が喧嘩して、いちばん得をするのは、中国だ』ということを忘れてはいけないのです。

 

 第2に、お金の話です。去年、日本は韓国から1兆9000億円の黒字を稼いでいる。その4分の1は観光黒字、残りは貿易と金利です。韓国の人が日本に遊びに来てくれているのと、日本の部品を買ってくれているので、黒字になっていたわけです。

 

 安倍政権は、『ホワイト国からの除外』など、それを根こそぎなくすような荒業をやってしまった。仮に、中国が日本政府を操れるとしたら、同じことをさせてきたと思います。そのくらい、中国の利にしかなっていない。

 

 3つめに言いたいのは、『外交を国内ネトウヨのご機嫌取りの材料にしてはいけない』ということです。

 

 たしかに彼らは、『韓国を懲らしめることができて、スッキリした』と喜んで、首相のますます固い支持基盤になったでしょう。これは、アメリカの圧力で靖国参拝ができなかったことの失点を、『韓国をやっつけて取り返す』ということをしているにすぎません。

 

 首相個人の権力維持のために国益を犠牲にし、実際には中国の思うつぼに、はまっているのです」

 

 安倍外交の行く手には、国内も国外も火種がくすぶっている。こんなことで大丈夫?


(週刊FLASH 2019年12月31日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入