最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1584号
12月15日号
12月1日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

ゴーンが脱走に使った「チャーター機」お値段は50億円!

社会・政治 投稿日:2020.01.07 06:00FLASH編集部

ゴーンが脱走に使った「チャーター機」お値段は50億円!

ゴーン被告を乗せるために関空に到着したチャーター機

 

 2019年12月29日午前10時16分、関西国際空港に1機のプライベートジェットが到着した。帰省客でごった返す空港の滑走路を、同機は、素知らぬ顔でゆったりと進んでいく。

 

 一方都内では、この数時間後、カルロス・ゴーン被告(65)が保釈中の住居を、ひっそりとひとりで抜け出した。到着から13時間後の午後11時、同機はトルコへ向けて、“ゴーン大脱走犯” を運び出すことになっていたのだ――。

 

 

「2018年春、ゴーン氏はインタビューで『日本を愛している』と語っていました。しかし、今回の逃亡劇を見れば、実際には日本を見下していたのでしょう。『姑息』としか言いようがありません」(経済ジャーナリスト・井上久男氏)

 

 トルコで航空機を乗り継ぎ、レバノンに入国したゴーン被告。日本出国に使用した手段こそ、トルコの民間航空会社「MNG JET」が運航する、登録記号「TC‒TSR」のチャーター機だ。

 

 機体は、ボンバルディア製「グローバル・エクスプレス」。MNGの説明によれば、「エンジンはロールス・ロイス製、13名のVIPシート、電子レンジなどを設置した調理スペース」などを備えているという。

 

 前澤友作氏が所有するジェットと同シリーズでもあり、同氏は自身の購入価格を「約50億円」と、過去の番組やツイッターで明かしている。まさに “セレブの乗り物” だ。 

 

「プライベートジェットを使える人間を保釈した、東京地裁の判断が、間違いとしか言いようがない」(落合洋司弁護士)

 

 ゴーン被告の狙いを、郷原信郎弁護士は、こう推測する。

 

「『逃亡犯罪人』として、おとなしく過ごすのではなく、記者会見やメディア発信で、『日本の検察の逮捕・起訴がいかに不当か、いかに非人道的な扱いを受けたか』を国際社会に訴え、名誉回復を図るものと考えられます」

 

 物語は終わらない。

 


(週刊FLASH 2020年1月21日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入