最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1576号
10月13日号
9月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

カリフォルニアワイン49万本ぶん流出で今年は高値の可能性も社会・政治 投稿日:2020.01.26 20:00

カリフォルニアワイン49万本ぶん流出で今年は高値の可能性も

 

 サンフランシスコから60kmほど離れたカリフォルニア州ソノマ地区で、ワイナリーのタンクから大量のワインが川へ流れ出す騒動があった。

 

 事故があったのは50年の歴史を持つロドニー・ストロング・ヴィンヤーズ醸造所。一般的な赤ワインの種類ピノ・ノワールを地区で最初に植樹したところで、数々の受賞歴もある著名なワイナリーだ。

 

 

  1月22日、ワインをブレンドする10万ガロン(約45万リットル)のタンクの蓋がなんらかの原因で開いてしまい、職員が懸命に回収の努力をしたものの、9万6000ガロンの赤ワインが流れ出した。ワインボトルに換算すると49万本近い量で、ワイナリーから川へつながる敷地の一部がワインレッドに染まっていた。

 

 このワインは、日本では1本3000円代で販売されている。今回流れ出した量は、市場価格で15億円弱に相当する。

 

 カリフォルニアワインの産地では、これまで2度大きなワイン流出事故は起きている。1979年と2005年で、1979年のときは、ナマズ、マンボウ、ブルーギルなど少なくとも2000匹の魚が酸欠で死んだという。

 

 今回のワインも、周辺住民が飲料水にしているロシアン川に流れ込んだ。乾季は大規模な山火事に見舞われたソノマ地区だが、幸いにも、現在は雨季で川の水量が多い。24時間経過後も魚、カエル、鳥、虫に大きな被害はないと報告されている。

 

 この水はいずれ太平洋へ流れ込むが、なんとももったいない話だ。日本にソノマワインはあまり輸入されていないので、今回の事故でソノマのワインがより貴重になるかもしれない。(取材・文/白戸京子)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入