最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1550号
3月3日号
2月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第30弾】1月31日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

トランプ大統領、敵対する民主党の失策でも選挙に負ける理由社会・政治 投稿日:2020.02.14 06:00

トランプ大統領、敵対する民主党の失策でも選挙に負ける理由

2月4日(日本時間5日)、演説原稿を破り捨てるペロシ下院議長(写真右)

 

「資金力・組織力で、民主党が有利な環境ができつつあります。2020年に、大統領選と議会の上・下院を民主党が制する、“トリプルブルー” が起きる可能性さえあるのです」

 

「トランプ米大統領(73)が再選を果たす」とみる識者が多いなか、衝撃の予測をするのは、2016年の米国大統領選で、トランプ氏の「まさかの当選」を的中させた、国際情勢アナリストの渡瀬裕哉氏だ。

 

 

“トリプルブルー” 第1の理由は、民主党の資金力が、トランプ氏を戴く共和党を圧倒しつつあること。

 

 民主党では、小口献金を仲介する「ActBlue」というプラットフォームが発達。2018年の米中間選挙で、民主党の新人候補92人が、共和党現職下院議員を資金力で凌駕し、下院の過半数を制する原動力となった。

 

 民主党の予備選で、バーニー・サンダース上院議員(78)ら、大口献金者に頼らない左派系の候補者が善戦できるのも、「ActBlue」を活用することで、選挙費用を捻出できるからだ。

 

 ではこのまま、サンダース氏ら左派系候補が突っ走り、トランプ氏を負かすのか。

 

「いえ、仮にサンダース氏が民主党の候補者になっても、トランプ支持者が多い、中西部の工業地帯『ラストベルト』などの “接戦州” では勝てない。接戦州はエネルギー産業が多く、エネルギー産業に批判的な急進左派では厳しいのです」

 

 民主党トップのナンシー・ペロシ下院議長も、迷走中だ。

 

「中道派で、トランプ氏の弾劾に消極的でしたが、左派に突き上げられ、押し切られた。

 

 先日の、トランプ氏の一般教書演説の際に見せた、演説原稿を破るパフォーマンスは最悪です。米兵に対する敬意が含まれた原稿を破るのは、“ご法度” なんです。共和党に、いい攻撃材料を与えてしまった」

 

 それでも、トランプ氏の再選は「茨の道」だという。

 

「トランプ氏の支持率は、だいたい45%で、不支持率が55%。好景気が支持率に結びついていない。

 

 民主党の失策と、絶好調の景気に助けられても、再選の可能性は五分五分。景気が後退すれば、さらに厳しくなる。

 

 ジョー・バイデン前副大統領、あるいは、ピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長が、中道路線で党内をまとめることができれば、民主党が有利になるでしょう」

 

 弱冠38歳のブティジェッジ氏は、アイオワ州の民主党予備選で強い存在感を見せた。今度はトランプ氏の “まさかの勝利” は、なさそうだ。


写真・AP/アフロ

 

(週刊FLASH 2020年2月25日号)

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入