最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1530号
10月1日号
9月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第25弾】8月30日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

1973年生まれは半額に「増税延期」で年金額がどんどん減少中社会・政治 2016.07.01

gazo

 

〈今 無年金です 来年四月の消費税アップに なると受給資格になり 期待しておりました 誰もが(増税に)反対 反対と言ってますが (年金の)財源など考えておられるのでしょう か? 本当にお先真っ暗です〉

 

 消費増税再延期が報じられた5月末、民進党の山井和則衆院議員にこんな手紙が届いた。差出人は「60代の一人暮らしの老女」。

 

 予定どおり、2017年4月に消費税が増税されれば、受給資格を得るための納付期間が25年から10年に短縮され、彼女のような「無年金者」約17万人が救済されるはずだった。

 

 しかし、安倍首相は2019年10月までの延期を決めた。第 一生命経済研究所首席エコノミスト・永濱利廣氏は語る。

 

「現行の税率8%では、1.35兆円が年金制度の改善など『社会保障の充実』に使われています。それが10%になれば、予算は 2.8兆円に増える予定でした。しかし、増税延期で差し引き1.45兆円が不足することになります。

 

 ですが、『無年金者』への政策に必要なのはわずか300億円。消費税には『後代への負担のつけ回しの軽減』名目で、社会保障にも使える税収が3.4兆円もある。そこから振り分ければ、不足分は十分まかなえるはずなのですが」

 

 しかし、この無年金者の施策の開始時期は再検討となった。では、増税延期によって、いったい年金はどうなってしまうのか。「ブレイン」代表の社会保険労務士、北村庄吾氏が言う。

 

「もともと年金財政は破綻寸前でした。消費税増税の先送りでツケを払わされるのは、これから年金をもらう現役サラリーマンです」

 

 上の表は、北村氏のチームが作成した年金受給額のシミュレーションだ。「現在」と「増税延期」を見比べると、40代~50代の現役サラリーマンが老後受け取れる年金が目減りしていくことがわかる。

 

 80歳までにもらえる合計額は、このまま財源不足が進めば、昭和48年(1973年)生まれで4243万円→2191万円と、およそ半減してしまうのだ。

 

 その理由は、増税延期による予算不足を補う「マクロ経済スライド」と「支給開始年齢の引き上げ」の発動だ。

 

「これまで、年金支給額は物価の上下に連動して増減していましたが、財源不足と、現役世代の負担減のため、『マクロ経済スライド』というシステムが採用されました。年金の増額を、一定割合ぶん物価の上昇よりも低く抑える制度(現在は0.9 %)で、まさに『年金自動カット装置』です」

 

 これまで、「マクロ経済スライド」はデフレで物価が下がっているときは発動しないストッパーがついていたが、前出の山井議員はこう言う。

 

「デフレ下でも給付額を毎年減らしていく改悪案が、すでに通常国会に提出されています。参院選で自公が過半数を取れば、秋の臨時国会で強行採決するのではないか」

 

 北村氏が、シミュレーションのもうひとつの根拠としたのが、年金支給開始年齢を68歳まで引き上げる動きだ。

 

「支給開始年齢を、全員一律に67~68歳程度まで引き上げようという声は有識者のあいだでも根強い。今回の増税延期がその動きを加速させることは間違いない。いま52、53歳である、昭和38年(1963年)生まれの方が68歳になる15年後をひとつの節目と考え、試算しました」

 

 年金をもらえる期間が短くなれば、当然総額は大きく目減りする。2011年、厚労省は68~70歳へ引き上げようとし、審議会に案を示したことがある。世論の反対ですぐに撤回したが、国としてはどうしてもやりたいのだ。

 

 では、なぜ首相は増税延期に踏み切ったのか。

 

「じつは最初から上げる気がなかった」と自民党関係者が言う。

 

「財務省に『増税しても影響は軽微』だと言われ、8%に上げたところ、リーマン・ショック以上に消費が落ち込んでしまった。だから、今回の延期については財務省を外して、経産省の人間 と一部の人間だけで内密に事を進めた。内輪では『財務省の言うことと逆の事をやると成功する』と言っています」

 

 元大蔵官僚で法政大学教授の小黒一正氏は、こう予測する。

 

「次の増税のタイミングは2019年10月となります。この年は、夏にまた参院選があるし、東京五輪特需もピークは2018年くらいでしょう。私は十中八九、増税にはもう踏み切れないと考えています。団塊の世代がすべて75歳になる2025年には、年金制度は事実上破綻するでしょう」

 

 安倍首相が恐れる“アベノミクス失敗”の烙印。審判が下るのはそれほど先の話ではない。

 

(週刊FLASH 2016年6月21日号)

【関連記事】

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月19日発売
表紙:山下美月

詳細・購入