最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1555号
4月14日号
3月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

石破茂、福島瑞穂…池上彰「選挙特番」で斬られた側の反論社会・政治 投稿日:2016.07.19 06:00

石破茂、福島瑞穂…池上彰「選挙特番」で斬られた側の反論

「年頭会見では、参院選で憲法改正を問うとおっしゃっていましたよね?」

 

 池上彰氏(65)が、安倍晋三首相(61)に斬り込んだ。首相がはぐらかすと、「保守派からは真の保守ではないとの声もある」とさらに斬りかかり、「政治家に求められるのは思想家ではない」との“迷回答”を引き出した。

 

 7月10日に放送された『池上彰の参院選ライブ』(テレビ東京系)は、視聴率11.6%(関東地区平均・ビデオリサーチ調べ)を記録。民放の選挙特番では貫禄のトップで、視聴率3連覇(関東地区の平均)を達成した。

 

 その人気の秘密は、「池上無双」とも呼ばれる、政治家へのタブーなき質問攻めにある。今回、俎上に載せられた新人候補の選対幹部が冷や汗まじりに振り返る。

 

「10秒ほどのやり取りでしたが、緊張感がすごかったです。こちらはテレビ中継は慣れていないし、言葉につまったらそれでタイムオーバー。放映後はかなり落ち込んでいましたが、いい勉強になったはずです」

 

「斬られた」側の痛手はいかばかりか? 今回、特番でインタビューに登場した22人に取材した。

 

 総理への野心を斬られた石破茂氏(59)は、「稲田(朋美政調会長)さんは、総理になるうえでライバル?」と直球で聞かれた。石破氏は「お互い、安倍政権を支えている立場ですから」と苦笑するしかなかった。

 

 石破氏が言う。

 

「あまりに疲れていたり、寝ない日が続いたとき、池上さんの術中にはまらないよう気をつけています。池上さんの選挙特番は視聴率が高い。引っかけられるんじゃないか、という被害者意識だけじゃなく、こちらが利用してやるぐらいの気持ちじゃないと」

 

 福島瑞穂氏(60)は、「社民党、存亡の危機ですね」と突っ込まれた。吉田忠智党首が落選し、一人だけの当選。さらに応援演説で声がかれた福島氏には、あまりにもストレートな質問だった。だが福島氏は意に介さない様子。

 

「若手が育っているし、危機を乗り越え党を刷新していきます。猫なで声で聞かれるよりは単刀直入なほうが、真正面から答えられるし、聞きたいことを聞くのがジャーナリズム。こちらも、油断すると変な答えになってしまいます。誰の質問にも真正面から答えるだけです」

 

 勉強不足を斬られたのが、朝日健太郎氏(40)。「所属したい委員会は?」と聞かれ、「これから勉強しなくては」と返したのがまずかった。「当選してから勉強する、と。それでいいのか? という気はします」とバッサリ。元ビーチバレー五輪代表の知名度を生かし、自民党公認で初当選。本人は反省しているようで…。

 

「先日のような受け答えが、多くの方々に不安を生んでしまったなら、私のほうこそ失礼。申し訳ありません。教育、文化、スポーツ等を対象とする文教科学委員会に所属できればと願っています」

 

 番組は、政治家とのやり取りはアドリブが半分以上という、瞬発力勝負。石破茂氏が中継時の雰囲気を振り返る。

 

「つながる前、スタジオの音声が聞こえてくるんですよ。『石破さん、今日は(中継に)出るの、出ないの?』なんて。そうか、出るか出ないかわからない状態でやってるんだ、と」

 

 池上氏本人がこう答えてくれた。

 

「政治家は、私たちの税金で仕事をします。それにふさわしい能力と気構えを持っているかを確かめるのが、ジャーナリストの役割だと思うのです」

 

 7月31日の都知事選投開票日にも「池上特番」が予定されている。池上氏、今度は新都知事をどうブッタ斬るのか。

 

(週刊FLASH 2016年8月2日号)

【関連記事】

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入