最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1584号
12月15日号
12月1日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

社会・政治社会・政治

社会・政治社会・政治

中国で流行「無人商売」スーパーもジムも店員が消えた【写真あり】

社会・政治 投稿日:2020.04.12 06:00FLASH編集部

中国で流行「無人商売」スーパーもジムも店員が消えた【写真あり】

中国の無人ホテルでルームサービスを運ぶロボット

 

 いまや、アメリカをもしのぐITデジタル先進国の中国。今回、『ルポ デジタルチャイナ体験記』著者の西谷格氏に、中国の最新デジタル事情を紹介してもらった。

 

「よくも悪くも合理的で、無駄を省くのが中国人気質。だからこそ、ITサービスも受け入れられやすいのでしょう」

 

 さっそく以下で、中国の無人サービスをご紹介しよう。

 

 

 

●無人カラオケ/デジタル度★★☆☆☆

 

 モールなどに突如現われる個室カラオケ。中は丸見え。

 

「中国では2016年ごろから、『シェアカラオケ』と呼ばれる無人カラオケが増えています。メッセージアプリ『ウィーチャット』でQRコードを読み取り、時間と料金を設定。15分24.8元(約372円)はやや割高かも」(西谷氏、以下同)

 

 

 ボックスの中は3畳ほどの空間。10分前から予約できるため、並ぶ煩わしさもない。3分1元(約15円)。

 

「無人カラオケ同様の個室ボックスで、こちらはランニング用のボックス。スマホでランニングマシンを起動できる手軽さは魅力ですが、中国の身分証が必要です。9都市で展開しており、都市部で需要がありそう」

 

 

●無人傘レンタル/デジタル度★★☆☆☆

 

 利用は1日2元(約30円)。7日連続使用で、買い取りと見なされる。

 

「QRコードから登録する、傘のシェアサービス。預貯金や決済履歴などを数値化した『信用度スコア』の数値が規定以上ある人なら、デポジットは不要。スマホで設置場所、貸出し可能本数がチェックできます」

 

 

●無人休憩ボックス/デジタル度★★★★☆

 

 ブラインドを下げて、人目をシャットアウト。

 

「撮影場所はショッピングモールですが、空港や駅、病院などにも設置予定とか。QRコードを読み取り、ロック解除して入室。室内には監視カメラがあるため、落ち着きませんでした。軽いひと休みには便利です」

12

社会・政治一覧をもっと見る

社会・政治 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入