最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1561号
6月2日号
5月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月22日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

野村監督が称賛した「落合博満」いま明かされる「三冠王の絆」スポーツ 投稿日:2020.05.08 20:00

野村監督が称賛した「落合博満」いま明かされる「三冠王の絆」

 

 2020年2月11日に惜しまれつつ亡くなった、野村克也さん(享年84)。辛口の評論で人気だった野村さんだが、マネージャーの小島一貴さんは、「『野球界で長く過ごすうちに目が肥えてしまい、少々の良い選手でも驚かなくなった』とご本人がおっしゃっていた」という。

 

 そんな野村さんが一目置いていたのが、落合博満氏だ。生前のエピソードを、小島さんが明かしてくれた。

 

 

 

「あいつはすごいぞ。三冠王、3回だぞ」
 野村監督は落合氏について質問されると、いつもそうおっしゃっていた。

 

 猛者ばかりが集まるプロ野球界において、1年で3つのタイトルを独占することが、どんなに大変なことか。監督ご自身も経験者だからこそ、深く理解されていたのだろう。

 

 ご自身については、「三冠王になった年、本塁打、打点はともかく、たまたま他の選手が不調で首位打者を獲ることができたから」とおっしゃっていた。1度達成するだけでも大変なことなのに、3度も達成するのだから、「落合氏は常軌を逸している」というわけである。

 

「でも落合さんは、三冠王獲ってもチームが優勝してませんよ」と言う取材者の方もいた。しかし、監督は意に介さず、こう返されていた。

 

「落合ひとりがどんなに打とうと、優勝するかどうかはチームの力によるのであり、3度の三冠王のすごさは変わらない」

 

 また、こんなこともおっしゃっていた。

 

「落合は、言うことがすべて前向き。悲観的な話は一切しない。それが、三冠王3度の源なんだろうな。俺は正反対(笑)。口を開けば、ぼやきや」

 

 一方で、監督が落合氏のことを手放しで褒めていたかというと、そうでもない。とくに監督としての落合氏については、時折、批判もしていた。ひとつは、落合氏の監督就任会見についてである。

 

「『誰もやったことがないような野球をやります』みたいなことを言ってたんだよ。でもシーズン始まってみたら、采配はオーソドックス。あの宣言は、何だったんだろう」

 

 もうひとつは、世間を大いにざわつかせた、日本シリーズでの完全試合の件である。2007年の日本シリーズ第5戦、8回まで完全試合だった山井(大介)投手を9回に交代させた、落合氏の采配だ。

 

「普通は続投させるだろう。滅多にないチャンスだよ。あそこで交代させるのは、あり得ない。変わってるよなぁ」

 

 ただ、じつはこの時山井投手がマメを潰していたという情報もある。そのことを、とある取材者の方が指摘すると、情の厚い監督らしく、こうおっしゃった。

 

「それでも、『なんとかがんばってこい』って行かせるだろ、普通。どうしても無理だったのかなぁ」

 

 それから落合氏には、マスコミ対応について、直言したらしい。

 

「監督は広報も兼ねているんだから、マスコミにもしゃべってやれよって言ったら、『しゃべってもちゃんと理解できるマスコミはいない』というようなことを言うんだ。だから、わかるように説明してやれ、って言ってやったんだけどな」

 

 監督は、落合氏との価値観の相違を感じながらも、落合氏の偉大さ、すごさを認めていた。落合氏の采配を「オーソドックス」と評したのも、守りを重視するご自身の采配との共通点を感じていたからだろう。

 

 監督と落合氏は、戦後たった2人しかいない、日本人右打者の三冠王なのだ。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入