最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1584号
12月15日号
12月1日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

小林大悟が語るアメリカの今…サッカー選手の「海外コロナ生活」

スポーツ 投稿日:2020.06.07 06:00FLASH編集部

小林大悟が語るアメリカの今…サッカー選手の「海外コロナ生活」

 

 新型コロナウイルスが、世界中で猛威を振るっている。1年延期された東京五輪を筆頭に、多くのスポーツで、試合の延期や中断が相次ぐ。そんななか、海外で活躍する日本人サッカー選手は何を思い、どう過ごしているのか。

 

 USLチャンピオンシップ(2部相当)の「バーミンガム・レギオン」に所属する小林大悟(37)に、Zoomで取材した――。

 

 

 かつてオシム・ジャパンで日本代表も経験した小林は、感染者数・死者数とも世界最多となった米国でプレーしている。現在、米国南部のアラバマ州バーミンガムで暮らす小林は、現地の様子についてこう話す。

 

「本来は3月16日だった開幕戦が延期になると、その後はチーム練習もできない日が続いていました。5月なかばから、ようやく少人数での練習が再開。ただ試合の再開については、リーグとオーナー、選手会の意見がなかなかまとまらず、見えていません。

 

 フロリダのディズニーワールドのまわりには、ホテルがたくさんあるので、『そこに集まって、6週間で一気に消化する』なんて案もあるみたいですが、いったいどうなるのか(苦笑)」

 

 バーミンガムでは、マスクの着用やソーシャルディスタンシングこそ徹底されているものの、街に出れば人の姿があり、少しずつではあるが、日常が戻ってきているそうだ。

 

「アメリカ人が、みんなマスクしているのは異様な雰囲気ですけどね。この前、公園に行ったら、木にハンモックをかけて寝ている人を見かけました。こっちの人は、(密にならない)外での時間の使い方がうまいんです。僕もハンモックを買おうか迷っています(笑)。

 

 いまは『早くサッカーしたい』とか、サッカー小僧的な発言もできないですが、サッカーを通して、何か社会貢献ができたら」


こばやしだいご  
1983年2月19日生まれ 静岡県出身 清水商卒業後、東京ヴェルディ、大宮、スタバエク(ノルウェー)、イラクリス(ギリシャ)、清水を経て、2013年に渡米。MLSで延べ5シーズンプレーし、現在はUSLチャンピオンシップ(2部相当)のバーミンガム・レギオンに所属。日本代表1試合出場

 

取材&文・栗原正夫

 

(週刊FLASH 2020年6月16日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入