最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1576号
10月13日号
9月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

序二段から復活優勝「照ノ富士」努力は「誰も見てないところで」スポーツ 投稿日:2020.08.02 18:59

序二段から復活優勝「照ノ富士」努力は「誰も見てないところで」

 

 大相撲七月場所の千秋楽で、御嶽海を寄り切りで下し、幕内最高優勝を果たした照ノ富士(28)。2015年五月場所以来の優勝となる。一度は大関の地位まで登りながら、怪我により序二段まで降格。再入幕を果たした場所での幕尻優勝(幕内最下位による優勝)は、史上初だ。

 

 

 本誌は2020年1月、十両復帰を控えていた照ノ富士に、単独インタビューをおこなっていた。彼を最初に苦しめたのは、膝の怪我。さらに、糖尿病や肝炎も体をむしばんでいった。

 

「十両から落ちたとき、病気を治しながら、3回めの手術をしたんです。手術後は、洋式トイレにも座れないくらい膝が悪かった。一番つらかった。何度も辞めたいと思った。

 

 だから、正直言って、戻ってきたことを『元大関なんだから、当たり前』とみられるのは嫌です。誰も見ていなかったけど、この裏には努力があるわけですよ」

 

 照ノ富士が十両より下、つまりは「関取」ではなくなったあとに、角界の風景は一変した。かつて優勝決定戦で「死闘」の末に敗れた相手・稀勢の里は、横綱になって間もなく引退。その後に頭角をあらわした大関も、多くが陥落した。

 

「大関から落ちて、十両まで落ちたときくらいから、いっさい自分より上の関取たちの取組は見ていません。なぜって? 見ると焦っちゃうし、悔しくて泣いちゃうから。『なんで俺なんだよ』といった気持ちもあったからね。

 

 取組を2年近く見ていませんでしたからね。最近出てきた関取には、知らない人もいますね。見た瞬間に『おっ、これ誰?』と言ったこともありました(笑)」

 

 照ノ富士の「知らない顔」のひとりが、優勝を争った朝乃山だった。十三日目、これまで対戦経験のない「初顔合わせ」の2人の一番は、照ノ富士に軍配が上がった。1敗同士の直接対決を制したことで、優勝を一気に手繰り寄せた。

 

 本誌の取材時には、「大好きだった酒も(病気のために)、2019年の春から断っている」と答えていた照ノ富士。初土俵から25場所で最初の優勝を勝ち取った彼が、さらに長い30場所ぶりに味わう2度めの歓喜は、どんな美酒よりも、うまいに違いない。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入