最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月30日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

待ってろ東京五輪/カヌー「羽根田卓也」茶道に学んだ哲学

スポーツ 投稿日:2020.08.15 20:00FLASH編集部

待ってろ東京五輪/カヌー「羽根田卓也」茶道に学んだ哲学

 

 東京五輪開催を信じて……日の丸戦士たちの、ブレないメダルへの思いとは--。アスリートたちが、「1年後への金言」を寄せてくれた。今回は、カヌー羽根田卓也(33)だ。

 

「延期は、やむを得ないと受け止めました。思うような練習ができず、今後の大会の見通しも立たない。海外では、すでに練習を再開した選手もいると聞くので、焦りがないわけではないです。

 

 

 ただ、東京五輪には、なにがなんでも全力で臨むと腹を決めていましたし、どんな状況でも本分をまっとうするだけです。準備しなければいけないことが増えましたが、そこに向けて最大限追求しながらやっていきます」

 

 リオ五輪カヌー・スラロームのカナディアンシングル銅メダリストの羽根田は、延期になった東京五輪に向けた思いを、そう話す。

 

 過去3度の五輪を経験し、東京では4大会連続での出場が内定している。延期はプラスでもマイナスでもなく、フラットにとらえているという。

 

「大変な状況なのは確かです。ただ、自分も30歳を過ぎて、競技だけじゃなく、人生でもこれまでいろいろな経験をしてきました。『こんなことで、競技人生を止めてたまるか』という気持ちは強いですね」

 

 カヌーというマイナー競技の世界で、10代のうちから単身スロバキアに渡り「武者修行」をしてきた羽根田にしてみれば、コロナ禍での困難な状況も、カヌーを究めるうえで試練のひとつと考えているのかもしれない。

 

 愛読書は、司馬遼太郎の『燃えよ剣』。新選組副長・土方歳三の美学を持った生き方に、自分自身の競技人生に重なる部分があるという。そんな羽根田が、外出自粛期間中に始めたのが「茶道」である。

 

「きちんと習ったわけではないですが、本から茶道の哲学を学び、マイ茶碗にマイ茶筅、マイ茶杓も用意しました。まずは床をきれいにして、それから静かにお茶をたてる。自分自身と向き合うことで、競技に繋がることもあると思っています」

 

 1年延期のとらえ方は人それぞれ。「ハネタク」は邁進するのみと、前だけを向いている。

 


はねだたくや
1987年7月17日生まれ 愛知県出身 175cm70kg 父親と兄の影響で、9歳からカヌーを始める。高校卒業と同時に単身スロバキアに留学。北京五輪14位、ロンドン五輪7位、リオ五輪で銅メダル。ミキハウス所属

 

取材&文・栗原正夫

 

(増刊FLASH DIAMOND 2020年8月20日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入