最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

待ってろ東京五輪/野球「山本由伸」日本代表に感じる責任

スポーツ 投稿日:2020.08.17 20:00FLASH編集部

待ってろ東京五輪/野球「山本由伸」日本代表に感じる責任

 

 東京五輪開催を信じて……日の丸戦士たちの、ブレないメダルへの思いとは--。アスリートたちが、「1年後への金言」を寄せてくれた。今回は、野球山本由伸(21)だ。

 

「常に謙虚で素直な好青年」
 山本の性格を聞くと、おしなべてオリックス担当記者は、そう答える。それは、都城高校野球部の「謙虚に生きろ」「感謝の気持ちを忘れるな」との教えが、生きているのだろう。

 

 

 しかし、いざマウンドに立つと、その性格は一変する。速球の球速は常時150kmオーバー。持ち球は速球に加え、カーブ、スライダー、カット、シュートと変化球も多彩。加えて、決め球のフォークも150km近い。投球術はあくまでも攻撃的で、いまや「もっとも攻略しにくい投手」として評価が高い。

 

 2019年の「プレミア12」(世界野球ソフトボール連盟が選出した12の国・地域の参加により、4年に1度開催される国際大会)では、中継ぎとして圧巻のピッチングを披露。大きく優勝に貢献した。

 

「プレミア12を経験して、より五輪へのイメージができたと思います。それまでは、ぼんやりと『出たいな』という感じでしたが、今は、はっきりと『出たい!』という気持ちになっていますから。

 

 それに、代表戦は注目度も高いし、シーズンと違って独特な雰囲気でした。『しっかりと責任感を持ってプレーしなければいけない』と感じました」

 

 プレミア12では、5試合に登板して防御率1.80と、圧巻の投球内容を見せた。役割についても、具体的なイメージができているという。

 

「プレミア12では中継ぎでしたが、2019年に先発に転向し、2020年も同じ役割です。五輪はシーズン途中にあるので、やはりコンディション的にも、先発のほうが自分の持ち味を出せるし、いろんな意味で、流れを変えられるんじゃないかと思っています。

 

 ただ、もちろんそれは監督が決めることなので、僕は与えられた場所で全力を尽くすだけです」

 

 もちろん目指すは頂点だ。

 

「やはり、国民の皆さんが金メダルを期待しているので、僕らもそこを目指す。いちばんの目標は、金メダルです」

 

やまもとよしのぶ
1998年8月17日生まれ 岡山県出身 178cm80kg 都城高を経て、ドラフト4位で2017年オリックス入団。昨季、最優秀防御率(1.95)を獲得。2019年、「プレミア12」ではセットアッパーとして優勝に貢献

 

写真・ジジ

 

(増刊FLASH DIAMOND 2020年8月20日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入