最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1668号
11/29・12/6号
11月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月18日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

今こそ認めよ「原辰徳は名将である」江本孟紀も中畑清も絶賛

スポーツ 投稿日:2020.09.10 06:00FLASH編集部

 

今こそ認めよ「原辰徳は名将である」江本孟紀も中畑清も絶賛

川上哲治氏の背番号は16。原監督は9月1日、川上氏の生誕100年記念試合で「背番号16」のユニホームを身につけた(写真・時事通信)

 

 現役時代はチーム内で、監督としては横浜と巨人に分かれ、ペナントリーグを競い合ってきた中畑清氏(66)も、原監督を名将と認める。

 

「彼は、勝つためには私情を挟まず、非情になれる監督なんです。この1点、この1勝のためなら、4番の阿部慎之助にも平気でバントのサインを出していた。さすがに、俺にはできなかったな。とくに近年は、采配にいっさいブレがなくなった。

 

 2020年8月6日の阪神戦では大きくリードされた際、投手を温存するために、内野手の増田大輝を登板させました。この采配には、『なぜ投手を使わないんだ』という批判が起きたし、批判が出ることもわかっていたはず。それでも、次の勝利のために増田を選んだわけですよ。

 

 この勝利への執念のおかげで、ミスター(長嶋茂雄氏)や川上さんの記録を抜けたんじゃないかな。俺は原を名将と認めています」

 

“名将” は現在、セ・リーグ首位を独走中。悔しいけれど、こうなったらリーグ優勝はもちろん、8年ぶりに日本一の姿も見せてくれ! 以下では1000勝以上した名将たちの成績をご紹介する。

 

【これまで1000勝以上した監督の成績】
原辰徳/1シーズンあたり平均78勝/1063勝798敗61分(14シーズンめ途中)
・鶴岡一人/1シーズンあたり平均77勝/1773勝1140敗81分(23シーズン)
・川上哲治/1シーズンあたり平均76勝/1066勝739敗61分(14シーズン)
・水原茂/1シーズンあたり平均75勝/1586勝1123敗73分(21シーズン)
・西本幸雄/1シーズンあたり平均69勝/1384勝1163敗118分(20シーズン)
・王貞治/1シーズンあたり平均69勝/1315勝1118敗74分(19シーズン)
・星野仙一/1シーズンあたり平均69勝/1181勝1043敗53分(17シーズン)
・長嶋茂雄/1シーズンあたり平均68勝/1034勝889敗59分(15シーズン)
・上田利治/1シーズンあたり平均66勝/1322勝1136敗116分(20シーズン)
・野村克也/1シーズンあたり平均65勝/1565勝1563敗76分(24シーズン)
・三原脩/1シーズンあたり平均64勝/1687勝1453敗108分(26シーズン)
・別当薫/1シーズンあたり平均61勝/1237勝1156敗104分(20シーズン)
・藤本定義/1シーズンあたり平均53勝/1657勝1450敗93分(31シーズン)

 

※敬称略、成績は9月7日時点、1シーズンあたり平均勝利数は2019年シーズンまでで算出

 

(週刊FLASH 2020年9月22日号)


続きを見る
12

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入