最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

女子ゴルフ笹生優花「強さの理由はT・ウッズ級のパッティング」

スポーツ 投稿日:2020.09.22 11:00FLASH編集部

女子ゴルフ笹生優花「強さの理由はT・ウッズ級のパッティング」

写真:ZUMA Press/アフロ

 

 女子プロゴルフツアー「NEC軽井沢72」「ニトリレディス」と2戦連続で優勝した笹生優花

 

 今季開幕戦で5位タイだったので、賞金は3戦合計で5904万円に。国内女子ツアーで、過去最速の賞金5000万円突破は、申ジエと畑岡奈紗の8戦目。大幅に記録を更新する “新星” の誕生である。

 

 

「彼女が最初に話題になったのは、昨年6月の『サントリーレディース』で、最終日に63のスコアでまわってローアマを獲得したとき(7位タイ)。ただ、そのときは『ユウカ・サソウ』という名前で出場していたので、外国の有望な選手だなっていうイメージでしたね。日本語もまだ片言だった」と話すのはゴルフ担当記者。

 

 フィリピン育ちの笹生は “女ウッズ”と呼ばれ、ドライバーの飛距離は250~260ヤード。「NEC軽井沢」では、280ヤードも飛ばしているホールもあり、飛距離は世界でもトップクラスと言っていい。美しいフォームから繰り出されるドライバーが彼女の持ち味だと言われているが「彼女の本当の強さはそこじゃない」とは前出のゴルフ担当記者だ。

 

「もちろん、ドライバーは人並み以上に飛ぶが、『ニトリ』では結構曲げていた。でも、そのあとのリカバリーが素晴らしくて、寄せとパットがとにかくうまいんです。

 

 ウッズっぽいと言うなら、転がりの良いパッティングのほうです。弱いかな……と思うと最後に伸びる、絶妙な距離感と読みです。1勝めは “猛打” での優勝、2勝めは “小技” での優勝だと思いますね」

 

 プレーのことは多く報道されているが、リモート取材が多いため、彼女の “人となり” があまり伝わってこない。飛距離は男子プロ並とはいえ、まだ19歳の女性である。

 

「性格は天真爛漫ですね。日本語はちゃんと話せるが、100%の日本語じゃないから、そこがおもしろいというかかわいいというか。イ・ボミが来日したころのような感じに似ています。それがすごく無垢な感じがするんですよ(笑)。

 

 なんでも素直にしゃべってくれて、『ニトリ』の優勝後は、『お祝いにタラバガニをごちそうになりました』と話していました。そんなところも好感が持てるし愛想もいいから、マスコミ受けは非常にいい」(前出・ゴルフ担当記者)。

 

 さらにこんな話も。「『ニトリ』の優勝後のインタビューで『夢は世界一になること』と話していたが、2週連続優勝をしても、まったく浮かれたところがないし、逆に優勝を引きずらない。目標に向かって、次の試合でやるべきことをやるだけと、非常にしっかりした考えを持っていて、地に足がついているタイプ。

 

 19歳にしてはゴルフIQが高い。もしゴルフの級があれば有段者だと思いますよ(笑)」

 

 今季は「黄金世代」「ミレニアム世代」が注目されていたが、いまの勢いでは笹生が抜けている。

 

「今季は優勝の常連である韓国勢のアン・ソンジュ、申ジエがツアーに出場できていないこともあり、“その枠” が空いている。パッティングのうまさがいつまで続くかにもよるが、あと2勝、3勝はするでしょう」(前出・ゴルフ担当記者)。

 

 今期の女子ゴルフは “女ウッズ” が中心になりそうだ。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入