最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

沢村拓一が電撃トレード! 巨人は「ドラフト1位」に冷たいのか

スポーツ 投稿日:2020.09.22 20:00FLASH編集部

沢村拓一が電撃トレード! 巨人は「ドラフト1位」に冷たいのか

2012年には、「侍ジャパン」に選出された沢村拓一選手だが……

 

 9月7日、香月一也選手(24)とのトレードで、巨人・沢村拓一選手(32)がロッテへ移籍した。

 

 このトレードが発表されて、「まさか!」と思ったファンも多いのではないか。何しろ沢村選手は、原辰徳監督(62)が熱望して、2010年にドラフト1位で獲得した選手。球界で「ドラ1」は特別な存在であり、しかも巨人となればなおさらで、その選手をトレードに出すとは思わなかったはずだ。

 

 

 しかし、巨人を長年取材する担当記者は、「さもありなん」と言う。

 

「ドラフト制度が始まった1965年から、沢村選手が入団した2010年まで、自由枠・希望枠・高校生・大学生・社会人枠を含め、巨人のドラ1は60人います。そのうち、1973年に入団を拒否した小林秀一氏を除き、59人が入団しました。

 

 しかし、現時点で在籍中の選手を含めても、現役生活を巨人でまっとうできた選手は、半分以下の29人しかいないんです。それ以外は、すべて他球団に出されているということ。『巨人一筋』というのは、ドラ1の選手でも難しいんです」

 

 1993年にドラ1で入団した三野勝大氏(49)は、巨人で選手生活をまっとうすることの難しさを、かつて本誌でこう語っている。

 

「プロ入りの際のプレッシャーは、当然ありました。とくに巨人のドラフト1位というと、違った目で見られていると感じていましたから。結果を残さないと、獲ってくれたスカウトにも申し訳ないし、応援してくれている皆さんの期待にもこたえなければいけません」

 

 三野氏は、契約金1億5000万円・年俸1200万円という破格の好条件で入団した。

 

「当時のドラ1でも、最高条件でしたね。周囲を見ると、ドラフト5位などの選手と比べて、明らかにチャンスを多くもらえました。球団としては、高いお金を払っているわけですから、活躍してもらわないと困るということでしょう」(三野氏・以下同)

 

 しかし、周囲の期待とは裏腹に、巨人では1勝もできず、横浜にトレードされた。

 

「はっきり言えば、僕の実力不足でした。怪我もありましたが、みんなそれを乗り越えて活躍しているわけですから、僕だけがうまくいかなかった理由にはなりませんよね」

 

 三野氏は現在、現役時代に経験した自身の怪我の治療を生かし、鍼灸師として活躍している。なぜ、巨人はこれほどドラ1選手に厳しいのか。前出の巨人担当記者が語る。

 

「ドラ1だろうが、その後、巨人で実績を残していようが、力が落ちれば、あっさりとトレードするということです。巨人といえば、FAで獲得した選手をもとに強くなっているというイメージがありますが、その一方、こうした厳しいトレードを繰り返して新陳代謝をおこなっていることも、強さの秘密なのです」

 

 ただし、出された選手たちも黙ってはいない。沢村選手はロッテ移籍後、“雄叫び投法” ですぐさまファンの心をつかんでいる。巨人がトレードを後悔するような活躍を、期待したいものだ。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入