最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

元ロッテのセーブ王・小林雅英が「澤村拓一よ、抑えにこだわるな」

スポーツ 投稿日:2020.09.24 16:00FLASH編集部

元ロッテのセーブ王・小林雅英が「澤村拓一よ、抑えにこだわるな」

2005年日本シリーズ、優勝決定時の小林氏

 

 延長10回から登板した9月20日、ロッテ移籍後の初セーブをあげた澤村拓一(32)。だが、「澤村君には、抑えを任せるべきではないと思います」と語る人物が……。それが、2005年にセーブ王に輝き、ロッテ「日本一」の胴上げ投手となった小林雅英氏(46)だ。

 

“電撃トレード” でロッテに加入した澤村だが、巨人時代の2016年には、37セーブでセーブ王にも輝いたこともある。だが、ロッテ在籍時代に「幕張の防波堤」の異名を持ち、クローザーとして球団最多の227セーブを積み重ねた小林氏は、こう語る。

 

 

「澤村君は、今のロッテにいないタイプの投手で、今回のトレードは、チームに対しても大きなプラスであることは間違いありません。しかし、彼のようなストレート主体の投手は、力が入る場面で、ボール球が続く可能性が高くなってしまいます。だからこそ私は、澤村君に6回・7回で投げてほしいと思うんです」

 

 実際、9月20日の登板も、2アウトから3四球を出して満塁に。最後の打者をセカンドゴロに抑えて、辛くもセーブを記録した。

 

「試合後半になるにつれて、ゲームの行方が決まってくるものです。僕の経験からも、8回・9回の1点も許せない状態で満塁を迎えるのは、ストレスが大きい。

 

 一方、6回・7回からリリーフするのであれば、『まだ2~3イニングある』と、投手は気持ちにゆとりを持てる。そういった場面のほうが、ストレートが主体である澤村君のピッチングには、あっていると思います」

 

 2020年のシーズン、ロッテは首位・ソフトバンクを僅差で追いかけて、2位につけている(9月25日現在)。小林氏は、井口資仁監督の1年めだった2018年シーズンに、一軍投手コーチを務めていた。

 

「この年、井口監督は選手を引退した翌年に、いきなり監督になった状況でした。そのため、選手時代そのままの “感覚” や “野球脳” に頼った采配でした。

 

 しかし今シーズンは、走者が出たら確実に送り、ホームに返す野球ができています。現役時代から秀でていた “感覚” や “野球脳” を、監督目線のものにまでアップデートできているように感じます」(小林氏)

 

 最後に、小林氏にロッテ優勝のカギを尋ねると、「120試合の短縮シーズンになっていることは、毎年のように夏以降に低迷するロッテには、非常に追い風です」とのこと。

 

 2005年・2010年と日本一に輝き、2015年も3位ながらCSファイナルまで進出したロッテ。2020年は、5年ぶりの「ゴールデンイヤー」に当たっている。澤村の貢献がチーム優勝のカギになることは、いうまでもない。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入