最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月30日より好評発売中!

詳細・購入

バラエティバラエティ

バラエティバラエティ

大相撲九月場所「上限観客数」2500人も満たせない人気低迷

バラエティ 投稿日:2020.09.27 18:00FLASH編集部

大相撲九月場所「上限観客数」2500人も満たせない人気低迷

9月23日の両国国技館。マス席は通常4名が座るところを1名に、2階席は3席おきに座席間隔を開ける決まりだが……

 

 関脇の正代(28)が優勝し、幕を閉じた大相撲九月場所(秋場所)。白鵬、鶴竜という両横綱が不在で、場所前から “本命なき秋” といわれていたとおり、優勝は千秋楽までもつれ込んだ。さぞかし、会場の両国国技館は盛り上がったのだろう……と思いきや、相撲担当記者は意外な言葉を口にする。

 

 

「たしかに、優勝争いのトップに立つ力士が日替わりのような状況だったので、協会としては嬉しい誤算でした。ところがほとんどの日で、観客が上限まで集まらなかったのです。

 

 日本相撲協会は、新型コロナウイルスの感染対策として、秋場所の観客数を各日最大2500人までと定めていました。そのため、少ないチケットをめぐって熾烈な争奪戦が繰り広げられると、場所前には考えられていました。ところが……。

 

 蓋を開けてみれば、通常4名が座るところを1名のみに限定したマス席は空席が目立ち、2階席にいたっては、ほぼ無人のような状態の日もありました。

 

 場所前に玉ノ井部屋で集団感染が起こり、秋場所の中止を訴える親方もいましたが、協会は『問題なし』として、開催強行を発表しました。でも、相撲ファンのほうが『問題あり』として、両国国技館に足を運ぶことをためらったのです。本場所のチケットは、もはや “プラチナ” ではありませんよ」

 

 また、ある親方は、「新型コロナウイルスの影響だけでなく、協会の集客方法にも問題がある」と指摘する。

 

「実際に国技館でお客様をチェックしてみると、客層が若く、どちらかというと “相撲オタク” のような方が多かったんです。逆に、紆余曲折があった角界を昔から支えてくださった、年配のお客様が少なくなったように見えました。

 

 じつは、秋場所のチケットはインターネット販売のみだったんです。ITにうといご年配の方は、チケットの買い方すら知らないかもしれません。それに加え、外国人観光客を呼べないことも、大きな痛手でした」

 

 両横綱がともに35歳と、今後に多くを望めないいま、人気面での心配は続く。

 

「大相撲は、人気低迷がこれから続くかもしれません。既存のファンを満足させつつ、新規のファンをいかに増やすのか、真剣に考えなおすべき時期です」(前出の記者)

 

 八百長問題や力士暴行死事件などを通じて、一度落ちた人気を取り戻すのに時間がかかることは、協会側もわかっているはず。日本人横綱の誕生が、特効薬になるのは間違いないが……。

バラエティ一覧をもっと見る

バラエティ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入