最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

「亀田家いじめ6年間」を末娘・姫月が告白…服をちょん切られても「泣くもんか」

スポーツ 投稿日:2020.10.23 06:00FLASH編集部

「亀田家いじめ6年間」を末娘・姫月が告白…服をちょん切られても「泣くもんか」

 

 いまから20年ほど前。「大阪・西成から世界を狙うボクシング一家」として、父・亀田史郎(55)のスパルタ特訓に必死にくらいつく興毅(33)、大毅(31)、和毅(29)の三兄弟が、メディアで話題になった。

 

 2003年に長男・興毅がプロデビュー。「浪速乃闘拳」のニックネームで、ド派手なパフォーマンスとビッグマウスでKOを連発。一躍、“亀田ブーム” を巻き起こし、日本人初の3階級制覇を成し遂げた。一方でアンチも多く、世間から激しいバッシングに晒されていた姿も記憶に新しい。

 

 

 亀田家の末っ子・姫月(21)は、そんな興毅のことを「真面目な性格」と言う。

 

「亀田家みんな、あんなキャラじゃないんです。あれは、パパが作ったキャラなんです。興毅も、ふだんはめちゃくちゃ優しいお兄ちゃんですよ」

 

 そう笑うと、人前では見せない兄の優しい素顔を明かす。

 

「口下手で、まめに連絡をくれたりとかはないけど、陰で私のために動いてくれていたことがありました。

 

 じつは姫、パパのルールで恋愛禁止なんです(笑)。『ボクシングと恋愛は両立できない』っていうのが持論らしいです。一度その約束を破ったときは、パパの雷が落ちて、『サザエさん』(のエンディング)ぐらい家が揺れました(笑)。

 

 そのとき興毅に相談したら、『その男は、ほんまにアカンやつやからやめとけ』って言われたんです。結局、彼とは別れたんですが、じつは陰でめちゃくちゃ心配してくれてて、相手のことも全部調べ上げてたんです。姫自身も知らないことまで調べていて、逆に怖かったぐらい(笑)」

 

 次男の大毅は、2006年にプロデビュー。「浪速乃弁慶」の異名で、ビッグマウスぶりは兄以上ともいわれ、試合後のリング上での “歌謡ショー” も話題を集めた。

 

 大毅は2007年に、当時WBC世界フライ級王者だった内藤大助に挑戦するが判定負け。この試合での反則行為により、1年間のボクサーライセンス停止処分を受け、世間から猛バッシングを受けた。

 

「大毅は三兄弟のなかでも、性格的にいちばん変わっています。減量中は部屋の鍵をかけて、ピアノを弾いたり、曲を作ったりとかしてましたね。芸術家っぽい感じで、本棚にもすごい量の漫画があって、ゲームもヘッドホンをつけて没頭してやっていましたね」

 

 内藤戦以後の大バッシング報道で、当時小学生だった姫月にも、火の粉が降りかかったという。

 

「あのときは、私はまだ小さかったので、あんまりお兄ちゃんたちの試合とか、その後のニュースとか見ていなかったんです。だから、なんで家族が叩かれているのか、全然わからなかった。

 

 学校に行くとき、記者の方からバシャバシャとフラッシュを浴びせられて、怖かったのを覚えています。上空にはヘリコプターも飛んでいて、家のインターホンはピンポンピンポン鳴らされるしで、パパも心労が重なってダウンしてしまいました。

 

 パパからは、『玄関じゃなくて、裏口から学校に行け』と言われたんですが、裏口から走って出ても、記者の方が追いかけてくる。『大毅さんがバッシングされてることに対して、どう思いますか?』って、聞かれても答えようがなかったです」

 

 小学校でも、姫月は陰湿ないじめに遭ったという。

 

「昨日まで仲よくしゃべっていたコが、手のひらを返したように全然話してくれなくなって無視されました。人生で初めて、いじめを受けましたね。服をちょん切られたり、靴箱に行ったら靴がないとか。でも、学校では絶対に泣かなかった。

 

 学校から帰って、パパに『なんで姫が、いじめられなあかんの?』って聞いたけど、『負けんと学校へ行け。絶対に相手にするな。何を言われても黙っとけ!』と言われるだけでした。

 

 そのうち、いじめられている原因が大毅だとわかって、大毅の部屋に行ったら鍵がかかってたので、ドアの外から『大毅のせいで、いじめられてるやんか』と文句を言ったら、『あ、あ〜』みたいな、声にならない返事が返ってきただけでした。大毅がいちばん苦しかったはずなので、今は『あんなことを言わなかったらよかった』と後悔してます。

 

 でも、あの苦しかったときがあったからこそ、今があるのかなと思います。家族の絆も深まりましたしね。それから6年間、いじめは続いて、中学に入っても、姫にはずっと誰も近寄ってきませんでした。それで中学2年の初めに、パパと2人で東京から(出身地の)大阪に引っ越したんです。

 

『大阪に帰ってもいじめに遭うだろうな』と思っていたんですが、大阪は全然違いました。初日に『転校してきたヤツは、どいつや!』と、椅子をバーンと投げつけられたんですが、翌日に私が亀田三兄弟の妹とわかったみたいで、『(亀田家を)めちゃくちゃ好きやで、昨日はごめんな』と謝られて。大阪と東京の温度差には、驚きましたね(笑)」

 

12

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入