最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

女子ゴルフ「イ・ボミ」白血病美少女との「命の交流」秘話スポーツ 投稿日:2016.10.08 12:00

女子ゴルフ「イ・ボミ」白血病美少女との「命の交流」秘話

写真:Getty Images

 

 鈴木邑実さん、19歳。2013年のサマーゴルフジュニアクラシック北海道大会、同年の北海道日刊アマチュアゴルフ選手権などで優勝、将来を有望視されていた。通信制高校に通いながらプロを目指して猛特訓。飛距離は250ヤードまで伸び、プロテスト受験を目指していた。

 

 そんな彼女を病魔が襲ったのは、2014年8月のこと。吐き気、頭痛などでまともにプレーができなかった日本ジュニアゴルフ選手権競技(埼玉県)。

 

 熱中症かと思ったが、地元の苫小牧市に戻っても体調はすぐれない。市内の病院に緊急入院。翌日、札幌の病院で言い渡されたのが「白血病」だった。抗ガン剤治療が始まる。

 

「もうプロにはなれない」――。人前では気丈でも、心の中で邑実さんは泣いていた。そんな邑実さんを古くから支援する苫小牧市の焼き肉店「南大門」の店長・星山昭則氏(70)が振り返る。

 

「元気いっぱいの明るい子で、病気がわかっても人前では絶対に涙を見せなかった。邑実は、ボミさんの大ファンで、『ボミさんになりたい』と言っていたぐらい。邑実が少しでも喜んでくれればと、知人を介して、ボミさんのサインをいただけないか、とお願いしたんです」

 

 この話がボミのファンクラブ「ファンカフェ」前会長の安部陸氏の耳に入った。安部氏はボミにすべてを伝えた。

 

「ボミプロは二つ返事で『私にできることならなんでも協力したい』と言って、キャップにサインをしてくれました。それをファンカフェの北海道在住のメンバーが、星山さんに届けて、交流が始まりました」(安部氏)

 

 キャップを受け取った邑実さんは、2015年3月に治療を終えて退院する。その後、すぐに練習を再開し、今年4月のプロテストを受験するまでに回復した。

 

 だが、6月、白血病が再発。伝え聞いたボミは、今度は実際に試合で被るキャップにサインをし、ファンカフェメンバーを通じて、彼女のもとに届けた。

 

 邑実さん本人に話を聞いた。

 

「ボミさんが本当に大好きなんで、キャップをいただいたときは、めちゃくちゃ嬉しかった! 感動しました。ボミさんは試合中、いつもニコニコしていますよね。調子が悪いときでも笑顔でプレーしている。そこがすごく好きです。プレースタイルも大好き。パワーでいく選手が多いなか、ボミさんはショット
の精度がすごく高い。あんなプレーができたらなって憧れています」

 

 現在、抗ガン剤治療で入院中だが、お姉さんがドナーとして合致。9月下旬には骨髄移植手術が決まった。

 

「手術の前に一時退院が許可されていて、北海道最終試合の『日本女子プロゴルフ選手権』は、体調がよければ観戦に行けるかもしれないんです。ボミさんのプレーをぜひ観たいです」

 

 と声を弾ませる。病室からとは思えない、明るく元気な声が受話器の向こうから聞こえてくるのだ。

 

「いったん病気が治って、7カ月ぶりにクラブを振ったときは本当に嬉しかった。早く元気になって、強くてみんなに愛されるプロになりたい」

 

 強くて愛されるプロ、それは彼女憧れの選手そのものだ。

(週刊FLASH 2016年9月13日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入