最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1588号
1/19・26合併号
1月5日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月25日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

渋野日向子「アメリカの仇はアメリカで!」全米OP健闘に秘められた“ただならぬ決意”

スポーツ 投稿日:2020.12.16 11:00FLASH編集部

渋野日向子「アメリカの仇はアメリカで!」全米OP健闘に秘められた“ただならぬ決意”

 

「今日は100点以上。“出来杉くん” です(笑)」
 米時間の12月10日に始まった「全米女子OP」で、12月11日、そう語っていた渋野日向子(22)。単独首位で決勝ラウンドに進み、最終日も単独首位で迎えたが、結果は通算1アンダーの単独4位。日本初のメジャー2勝目には届かなかった。

 

 

 2020年シーズンは海外を主戦場にしたが、計6試合でただの一度もトップ10入りがなく、2019年の「全英女王」の面影はなかった。

 

「海外の壁にことごとく跳ね返され、相当落ち込んでいた。プレーも消極的になり、“もぐもぐタイム” も数えるほどでした」(ゴルフライター)

 

 そんな彼女に復調の兆しが見られたのは、11月に入ってから。「大王製紙エリエール」で5位、「ツアー選手権リコーカップ」で3位と、優勝争いに加わってきたのだ。

 

「精神面に問題があったのですが、帰国後に『考え方次第でスコアは1つ、2つ変わる。これからはポジティブにいく』と発言するようになった。

 

 また、10月の全米女子プロで58位に沈んだとき『米国での悔しさは米国で晴らす』と誓ったんです。相当な決意で臨んだからこそ、好スコアに繋がったのでしょう」(同前)

 

 全米後のインタビューでは、「『米ツアーに行きたい』という気持ちが、より強くなりました。この悔しい気持ちは米ツアーでしか晴らせないので、絶対またここで戦いたいと思います」と語った渋野。2021年こそ、雪辱を晴らしてほしい!

 

写真・USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

 

(週刊FLASH 2020年12月29日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入