最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

“ジーコ超え”の「おっさんJリーガー」年収1000万円→年俸120円の選手生活に「金で買えない幸せ」

スポーツ 投稿日:2020.12.18 06:00FLASH編集部

“ジーコ超え”の「おっさんJリーガー」年収1000万円→年俸120円の選手生活に「金で買えない幸せ」

 

「Jリーガーとしてプレーした3年間は、めちゃくちゃ楽しかった。39歳でお金も仕事も捨てて、夢をもう一度追いかけ、それがかなったわけですから。こんな幸せな42歳はいないですよ!」

 

 そう言って笑うのは、J3のYS横浜に所属する安彦考真。2019年、あの “神様” ジーコが記録した40歳2カ月13日を超える最年長記録となる41歳1カ月9日でのJリーグデビューを果たし、2020年シーズン限りでの現役引退を明言している、異色の “おっさんJリーガー” だ。

 

 

 カズ(三浦知良)に憧れていた安彦は、高校卒業後、ブラジルで武者修行しながらプロを目指した。しかし怪我に見舞われ、あと一歩のところでプロデビューはかなわず。帰国後に受けた清水エスパルスとサガン鳥栖の入団テストでも力不足を痛感し、いったんはプロへの夢を諦めた。

 

 その後、Jリーグクラブの通訳や日本代表選手のマネジメント、通信制高校の講師などをしていた安彦は、40歳を目前にして、年収約1000万円に到達。高級マンションに住み、夜な夜なパーティに繰り出すなど、社会人生活を謳歌していた。

 

「東京タワーの見えるマンションの最上階にエラそうに住んで、昼間からワインを飲み、ブランドものの洋服を無駄に買ったりしていました」

 

 ただ、心の底では自分に嘘をついている思いがあった安彦は突如、仕事もお金もすべてを捨て、再びプロサッカー選手を目指すと一念発起。練習生から這い上がり、2018年3月にJ2の水戸ホーリーホックと異例の「年俸10円」で契約。そして、翌年にJ3のYS横浜に移籍した。

 

“実質0円Jリーガー” として話題を呼んだ安彦の、2020年シーズンの年俸は120円。だが、彼に悲壮感は一切ない。

 

「お金はないけど、それ以上に価値のある経験をさせてもらいました。憧れは、お金があれば手に入るかもしれないけど、幸せはお金じゃ買えない。そうした普遍的なものにふれられたことが、僕の財産です」

 

 2020年夏には、バラエティ番組『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)でも特集された安彦だが、年俸120円でどうやって暮らしているのか。稼いだ蓄えがたんまりあるのかと思いきや、貯金はまったくなく、今は相模原市の実家に戻り、父親の軽自動車を借りて練習に通う日々だという。

 

「人間、お金がなくても、今日明日に死ぬわけじゃない。2019年シーズンは月20万円で個人スポンサーをつけていたのですが、やっぱりお金で魂を売ったらダメですね。2020年は断わりを入れさせてもらいました。

 

 

 それでも僕の “考動(考えて動くこと)” に賛同してくれる方はいて、食事を提供してくれるレストランや、個人トレーナーを無償で買って出てくれた方もいます。Jリーガーで個人トレーナーがいるって、僕とカズさんくらいかも(笑)」

 

 大変だったのはプロ1年め、寮暮らしだった水戸時代だ。その日の食べるものにも困り、寮で朝食時に出る白飯と梅干しを、プラスチックの容器に詰めて持ち帰り、それをランチにしていたと振り返る。

 

「親子ほど年の離れた20歳前後の選手に、よく奢ってもらっていました。ただ僕の中では、1000円のランチなら2000円分の話、3000円の夕食なら6000円分の話をしてチャラ。『奢ってもらっている』という感覚は、なかったですね(笑)」

 

 0円で生きていけるわけではないが、安彦はひとつのライフスタイルとして、お金がなくても幸せになれることを証明しようとしているのかもしれない。ちなみに契約書にも、「年俸120円」は、しっかり記載されているという。

 

「手渡しというか、ジュースを買ってもらって終わりですけどね。だって振り込みにしたら、手数料のほうが高くなっちゃいますから(笑)」

 

 ただ、プロの世界は甘くない。40歳でJ2の水戸に加入したものの、その年は出場機会はなし。ようやく出場機会が訪れたのは、J3のYS横浜に移籍してからだった。

 

「それまで普通に働いていた、“ただのおっさん” がプロの世界に飛び込んだのだから、簡単なはずがないじゃないですか。毎日120%でやらないと練習にもついていけないし、今も膝の半月板が飛び出したまま。

 

 ただ、毎週の試合ごとにあるメンバー発表は、オーディションの合否発表のようで、そこに一喜一憂できるって、やっぱり刺激的ですよ」

12

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入