最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1600号
4月27日号
4月13日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

4月9日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

なぜ野茂英雄は全米を熱狂させたのか…ロッテ・吉井コーチ、中日・与田監督が証言

スポーツ 投稿日:2021.04.02 06:00FLASH編集部

なぜ野茂英雄は全米を熱狂させたのか…ロッテ・吉井コーチ、中日・与田監督が証言

野茂英雄のMLBデビュー戦(1995年、写真:AP/アフロ)

 

「日本人は通用しない」といわれた時代に、メジャーリーグに乗り込みトルネード投法で全米に旋風を巻き起こした男が貫いたものーー

 

 今季、8人の日本人選手がプレーするメジャーリーグ。
大谷翔平が二刀流復活、前田健太が開幕投手に決定するなど、まだオープン戦の期間とはいえ、連日、日本人選手の活躍がニュースになっている。

 

 

だが、それは26年前の野茂英雄の挑戦がなければあり得なかった。

 

 なぜ野茂は、「NOMOマニア」という言葉を生み出し、日本国内のみならず全米を熱狂させることができたのか。

 

 元チームメイトらの証言でその理由に迫る。

 

 コロナ禍で迎える2度めのメジャーリーグ開幕。暗い話題が先行してしまうが、明るいニュースを届けたのはエンゼルスの大谷翔平だ。

 

 3月21日に「一番・投手」でパドレスとのオープン戦に先発出場し、メジャー自己最速を更新する約164kmをマークした。

 

 現在8人の日本人選手が所属し、2020年に西武からレッズに秋山翔吾が移籍して全30球団に日本人選手が所属したことになったメジャーリーグ。だが、26年前までは手の届かない遠い世界だった。

 

「野茂がメジャーに行くと決まったときは、それはもうびっくりしましたよ。どんなに実力があっても、どんなにメジャーリーグでやりたいと思っても、行くルートがまったくない。

 

 現実的には行くことのできない夢の世界でした。まさか、メジャーリーグの球団と契約できるなんて夢にも思っていませんでした」

 

 当時を思い出して興奮気味に話すのは、メジャーリーグ評論家の福島良一氏。

 

「1964年にジャイアンツに野球留学した村上雅則さんが2年間プレーしました。その後30年間、メジャーリーグには日本人選手が存在しないわけです。

 

 そこを団野村さんが強引に行かせたわけですが、当時はみんなに反対されて、完全な悪者扱い。

 

 野茂が行っても失敗するという声ばかりで、本当に裏切り者と言われていました。

 

 でも、野茂の活躍がなければ時代は進まなかった。まさにパイオニアでした」

 

■圧倒的なスケールに見た瞬間「負けた」

 

 野茂さんの何がすごいのか。

 

「見た瞬間、負けたと思いました」と話すのは、千葉ロッテ一軍投手コーチの吉井理人氏。野茂さんとは日本では近鉄で、メジャーではメッツでチームメイトだった。

 

「春のキャンプで初めて見たんですが、(抑えのエースとして活躍していた)当時の僕はドラフト1位で入ってくるピッチャーなんかには負けないと思っていましたから。でも、野茂はスケールが違いました」

 

吉井理人氏

 

 中日の与田剛監督も最初の印象をこう話す。

 

「1989年の全日本の春の合宿で初めて会ったんですが、何か醸し出すものがあったんでしょうね。

 

 ものすごく雰囲気があって体も大きかった。真横でピッチング練習をしたんですが、自分も何か吸収したいと思って、野茂君のことばかり見ていました」

 

 当時からメジャーへ行きたいという気持ちを強く持っていたと2人は口を揃える。

 

「野茂はソウル五輪に出場したこともあって、外に目が向いていたんでしょうね。

 

 当時、NHKのBSで大リーグの中継をたまにやっていたので、近鉄の仲間たちとよく観ました。すごく興味があって行ってみたいけど、行く方法がわからない。

 

 そこを野茂が隙間をこじ開けるように出ていったときは『うおー、こいつ、やりよったな』って思いました」(吉井氏)

 

12

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入