最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1608号
6/29・7/6号
6月15日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月15日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

大谷翔平、“ガラスの指”のマメを防げ!「お湯につけない入浴術」で絶好調をキープ

スポーツ 投稿日:2021.05.12 06:00FLASH編集部

大谷翔平、“ガラスの指”のマメを防げ!「お湯につけない入浴術」で絶好調をキープ

売ってはMLBトップの10本塁打、投げては球速164kmをマークで二刀流爆発の大谷

 

 大谷翔平(26)が絶好調だ。5月6日に放った本塁打は、早くも2021年シーズンの第10号。この記録は日本人メジャー最速で、今季のMLBトップタイだ。投手としても、5月7日時点で4試合に先発し、1勝0敗。防御率は2.41を記録している。

 

「好調の要因は、右手中指にマメができていないからです」と語るのは、現地紙記者だ。

 

 

「防御率は上々ですが、1試合あたりの平均投球回数は5回未満。これは、彼が指のマメを気遣っているからです。投球を重ねてマメができると、すぐにつぶれてしまう。マメがつぶれると、痛みも出るし、ボールをグリップする力も落ちてしまいます」

 

 大谷はこれまで、日ハム時代に3回、メジャーでも4回、登板中にマメがつぶれ、降板した経験がある。

 

「大谷は、マメができやすい体質なんです。風呂に入っても指がふやけないように、指だけは湯船に入れないようにしたり、クリームを塗ったり、ときには手袋をしたりと、対策をとっています。でも完璧な治療法は、彼も球団もまだ見つけられていません……」

 

“ガラスの指” が壊れないよう祈るばかり……。

 

写真・AP/アフロ

 

(週刊FLASH 2021年5月25日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

6月22日発売
表紙:与田祐希(乃木坂46)

詳細・購入