最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1611号
7/27・8/3号
7月13日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月13日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

大谷翔平 米国記者たちが絶賛する偉業の数々「毎日大谷の記事を書いている」

スポーツ 投稿日:2021.06.13 06:00FLASH編集部

大谷翔平 米国記者たちが絶賛する偉業の数々「毎日大谷の記事を書いている」

写真・AP/アフロ

 

 メジャー4年めを迎えた今季、大谷翔平(26)の勢いが止まらない。4月4日のホワイトソックス戦では「2番・投手」として、米移籍後初めてとなる「投打同時出場」を果たし、驚異の活躍を見せている。

 

“リアル二刀流”として完全復活を遂げた大谷について、現地で取材する米国人記者3人に語り合ってもらった。

 

 

【座談会参加者】
●ジェフ・フレッチャー氏:アナハイムの地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」の記者。メジャー取材歴22年。2013年よりエンゼルス担当
●バリー・ブルーム氏:「Sportico.com」のシニアライター。40年以上メジャーを取材し、野茂英雄のデビュー以来、ほぼすべての日本人メジャーリーガーを取材
●ジャック・ハリス氏:2019年より米紙「ロサンゼルス・タイムズ」のエンゼルス番記者。アリゾナ州フェニックス出身

 

−−今年の大谷には、毎日いろんなことが起きています。

 

ジェフ・フレッチャー(以下、JF)「先日も、チームバスが事故渋滞に巻き込まれた影響で、先発を回避した(笑)」

 

ジャック・ハリス(以下、JH)「しかも、途中でバスを諦めて電車に乗り換えたら、行き先を間違えて到着が遅くなったというオマケまでついた」

 

JF「書くネタには事欠かない(笑)」

 

−−投手として投げた日に打席にも立ち、降板後にライトの守備に就いたり、一時はアメリカン・リーグの本塁打数で単独トップに立ったりと、もう何が起きても驚きではありません。

 

バリー・ブルーム(以下、BB)「私は『2番・投手』として、大谷がエンゼル・スタジアムで今季初登板したホワイトソックス戦で、初回に球速100マイル(約161キロ)以上の球を投げ、その裏の最初の打席で、初速115.2マイル(約185.4キロ)の打球で本塁打を放った姿を目の前で見た。1976年から野球記者をやっているが、正直こんなシーンに立ち会うとは想像していなかった。これまでは怪我もあって、なかなか力を発揮できなかったが、やはり二刀流をやらせてみたい、そう思わせるのに十分だった」

 

JF「私も、あのホワイトソックス戦はいちばん記憶に残っている。本当に毎日、大谷のことを書いているし、監督会見でも話題に上るのは大谷のことばかり。想像もしていなかったことが起きている。登板日に打席に立ったり、登板前日や翌日にも出場することは、監督がラインナップカードに名前を書けば実現すること。しかし、あの球速100マイル以上の球と、初速115.2マイルの打球は、簡単に実現できることではない。あの本塁打の打球音は、今も耳に残っている」

 

JH「観客の興奮もすごかったし、総立ちだったよね。シーズン開幕前には『やはり二刀流は厳しいんじゃないか』、そんな声もあったけど、そういった声を封じ込めてしまうというか、それぐらいのインパクトがあった。あれからは、たいていのことに驚かなくなったよ。降板後に守備に就いたりすることも、もはや想定の範囲内だし(笑)」

12

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

6月22日発売
表紙:与田祐希(乃木坂46)

詳細・購入