最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1622号
11月12日号
10月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月19日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

大谷翔平 ダルビッシュ有への “うるうる瞳” が純真無垢過ぎる! 憧れたダルもイジれず

スポーツ 投稿日:2021.09.17 06:00FLASH編集部

大谷翔平 ダルビッシュ有への “うるうる瞳” が純真無垢過ぎる! 憧れたダルもイジれず

9月8日、固い握手を交わす2人。翌日の試合には大谷が出場せず、直接対決は実現しなかった(写真・スポニチ/アフロ)

 

「僕にとっては小さいころから憧れの存在。いまでもいちばん好きな投手なんです」

 

 いまやメジャーでもっとも注目される大谷翔平(27)が、少年のような “うるうる瞳” で見つめる相手、それがダルビッシュ有(35)だ。

 

 そんな2人の初競演が実現したのは9月8日、パドレス対エンゼルスの試合前。ダルビッシュが現われると、大谷は急ぎ足で挨拶へ。

 

 

「2013年に日ハムに入団した大谷は、ダルビッシュの背番号11を継承しました。11番は “球団の顔” といえる番号ですが、『大谷ならば』とダルビッシュも認めたそうです」(日ハム担当記者)

 

 大谷は2015年、2016年オフに、ダルビッシュの米国での自主トレにも参加している。

 

「当時、投手のヘビーな筋トレはタブー視されていましたが、大谷はダルビッシュの教えを受け、二刀流に耐えうる体を手に入れました。まさに師匠といえる存在です。

 

 一方ダルビッシュは、筒香嘉智や田中将大、前田健太など後輩の日本人選手をさんざんイジってきたのに、大谷だけはイジってない。彼の純真無垢な敬意にたじたじなんです」(同前)

 

 10年愛の力で、MVPへ一直線!

 

(週刊FLASH 2021年9月28日・10月5日号)

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入