最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1622号
11月12日号
10月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月19日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

白鵬 初優勝直後に「ジンギスカンがぶり食い」姿!「小池栄子さん、松たか子さんが好き」と笑う、無邪気な青年だった

スポーツ 投稿日:2021.09.29 08:30FLASH編集部

白鵬 初優勝直後に「ジンギスカンがぶり食い」姿!「小池栄子さん、松たか子さんが好き」と笑う、無邪気な青年だった

食事前から「うまそ〜」とご満悦だった白鵬

 

「ジンギスカンはモンゴルにないです。どんなものなのか一度食べてみたいと思っていたんです」

 

 9月27日に引退の意向が明らかになった、白鵬(36)。角界の歴史に残る大横綱も、当時は21歳だった。羊肉を料理によく用いるイメージのあるモンゴル出身ながら、このときはまだジンギスカンを食べたことがなかったという。来日6年めにして、初めて“がぶり寄った”感想は……。

 

 

「ちょっとクサみがあるけど、うまい。羊の肉のクサいのは何だか知ってます? メスや子供はクサくなくて、去勢していないオスがクサいんですよ。意外と知らないでしょ(笑)」

 

 と、まさかのうんちくを交えたものだった。

 

 取材をおこなった2006年6月は、5月の夏場所で白鵬が初の幕内最高優勝を成し遂げた直後だった。大関昇進場所で初優勝と、7月に迎える名古屋場所では「綱獲り」がかかっていた。そこで本誌は、大一番に臨む白鵬に精をつけてもらおうと、ジンギスカン、すき焼き、しゃぶしゃぶといった肉料理を用意したのだ。

 

 名古屋場所の結果は、当時の一人横綱・朝青龍に及ばず「優勝次点」。惜しくも横綱昇進とはならなかった。その後の圧倒的な成績を考えると意外だが、横綱昇進を決めたのは1年後、2007年名古屋場所と丸1年も足踏みをすることとなる。

 

 これまで積み上げてきた幕内最高優勝は45回、幕内通算1093勝は、いずれも歴代1位。だが、この輝かしい歴史を作る前の白鵬の夢はささやかだった。

 

「一人暮らしもしてみたいし、旅行もしたい。エジプトのピラミッドとかアフリカの本物のライオンとか、世界のいろんなものを見たいね」

 

 無邪気な青年の白鵬は当時、もちろん独身。恋愛話もしてくれた。

 

「好きなタイプの女性? やさしくて明るくて、背が高くて、ちょっとポッチャリしてるタイプ。小池栄子さんとか松たか子さんを、ドラマ見て好きになった」

 

 取材中に「前より食えなくなりましたね」と言いつつ、本誌が準備していた6人前もの肉をペロリと平らげた白鵬。最後に尋ねられた「綱獲りの確率は?」の質問にこう答えた。

 

「うん、自信ありますね!」

 

 その後、横綱となり、歴代1位の在位84場所を記録した。とてつもない有言実行だった。

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入