最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1626
12月14日号
11月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月30日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

大谷翔平 最終戦46号を呼んだのは「道具への愛」だった!カメラマン目撃した “バットとの対話”

スポーツ 投稿日:2021.11.03 06:00FLASH編集部

大谷翔平 最終戦46号を呼んだのは「道具への愛」だった!カメラマン目撃した “バットとの対話”

写真・朝日新聞

 

 打っては、46本塁打、100打点。投げては9勝2敗、156奪三振――。前人未到の記録を打ち立てた大谷翔平の勢いには、日本国民が湧いた。

 

 マスコミも総動員で大谷の活躍を報道した2021年。本誌は、新聞社、通信社らに「我が社が選ぶ大谷のベストショット」を聞いた。

 

 

 朝日新聞の加藤諒カメラマンは10月2日のマリナーズ戦(スコアは4-6)を振り返りこう語る。

 

「試合前のベンチ内で大谷選手が見せた仕草をとらえました。シーズン終盤では警戒され、申告敬遠などで打撃のチャンスが減った。本塁打王争いを意識していると本人は話していたので、フラストレーションも溜まっていたでしょう。

 

 そんななか、ベンチではどんな表情をするのかと観察していて起こった出来事でした。バットの匂いを嗅いでいるようにも見えます。首をかしげているような様子が印象的でした。大谷選手は道具をとても大事にしています。たとえば申告敬遠で声を荒らげたりすることもなく、そっとバットを置く。

 

 試合後、道具をベンチに置きっぱなしにする選手も多いのですが、大谷選手は毎回自分でベンチの裏から持ってきて、使い終わるときちんと持って戻る。道具愛が伝わってきます。この写真のシーンでは、バットを信じて『頼むよ』と思いをこめているように見えました。そして翌日、最終戦の第1打席で46号本塁打を放ったんです。思いが通じた瞬間だったのかなと感じました」

 

(週刊FLASH 2021年11月9日・16日合併号)
続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入