最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1626
12月14日号
11月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月30日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

大谷翔平 記者を感動させた球宴ホストチームの元主砲への “心遣い”

スポーツ 投稿日:2021.11.04 06:00FLASH編集部

大谷翔平 記者を感動させた球宴ホストチームの元主砲への “心遣い”

7月15日の紙面(提供・デイリースポーツ)

 

 打っては、46本塁打、100打点。投げては9勝2敗、156奪三振――。前人未到の記録を打ち立てた大谷翔平の勢いには、日本国民が湧いた。

 

 マスコミも総動員で大谷の活躍を報道した2021年。本誌は、新聞社、通信社らに「我が社が選ぶ大谷のベストショット」を聞いた。

 

 デイリースポーツの小林信行記者は7月13日のMLBオールスターを振り返りこう語る。

 

 

「2月のキャンプから10月の最終戦まで、私が書いた大谷選手関連の原稿は紙面・ネットあわせて約900本。そのなかから選ぶなら、オールスター戦を報じた一本です。初回に三番アレナドを打席に迎えたときの立ち居振舞いは圧巻。

 

 前年までアレナドは球宴ホストチームであるロッキーズの主砲だったこともあり、場内でスタンディングオベーションが起こりました。このとき大谷選手は雰囲気を壊さぬようマウンドを外していましたね。

 

 そして、初球はこの試合初となる160kmの直球。4球めには最速の161kmを計測し、最後は宝刀スプリットで打ち取りました。相手をリスペクトしたうえで自身のすごさを示し、“作品” を完成させましたね。

 

 試合前にグラウンドのゴミを拾ってポケットに入れたのも “運を拾う” だけでなく、ほかの選手が足を滑らせて怪我をするのを防ぐためと聞いたことがあります。この記事には大谷選手の魅力を凝縮しました」

 

(週刊FLASH 2021年11月9日・16日合併号)
続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入