最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1631号
2月1日号
1月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月24日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

大谷翔平 MVP獲得のウラにあった辛苦…シーズン中に米国人審判が「抗議スルー」の態度急変【2021年・注目の人】

スポーツ 投稿日:2021.12.02 16:00FLASH編集部

大谷翔平 MVP獲得のウラにあった辛苦…シーズン中に米国人審判が「抗議スルー」の態度急変【2021年・注目の人】

初のボークを取られ「なんで?」というジェスチャーを見せる大谷(写真・USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 

 メジャーリーグ機構は11月30日(日本時間・以下同)、エンゼルスの大谷翔平選手(27)が、年間でもっとも活躍した指名打者に贈られる「エドガー・マルティネス賞」を受賞したと発表した。1973年に同賞が設立されて以来、日本人選手の受賞は初。

 

 TBS NEWSによると、今季のメジャーリーグでのおもな表彰は終了。大谷は、打撃のベストナインと言われる「シルバースラッガー賞」、ア・リーグの「MVP」、専門誌『ベースボール・アメリカ』の「年間最優秀選手」など含め、“11冠”に輝いたという。

 

 

 世界が大谷の活躍に沸いた2021年。しかしシーズン中、大谷が“苦汁”を飲まされたことをご記憶だろうか?

 

 6月12日のダイヤモンドバックス戦で先発登板した際、1イニングに2つのボーク判定を受けたことは大きな話題となった。大谷がメジャーでボークを取られたのは初。日本でも、2014年に一度あったきりだ。

 

 スポーツライターの広尾晃氏は当時、「2つめのボークは、大谷の審判への態度が招いた可能性が高い」と説明した。

 

「最初のボークで大谷は『なんで?』というジェスチャーを見せましたが、あれはメジャーでは絶対にやってはいけないこと。審判に対する敬意を欠いた行為に映ります」

 

 バッターとしても大谷は、審判の厳しい目に晒された。

 

5月22日のツインズ戦では、明らかにボールとみられる投球をストライクと判定され、打席で首をかしげる大谷の姿があった。こうした打者・大谷に対する厳しい判定は目に見えて増加。

 

6月21日のタイガース戦では、内野陣のシフトで空いた三塁側を狙って、大谷がバントの構えを見せると、投手が投球寸前で動作をストップ。だが、大谷が球審に抗議するもスルーされ、その打席は三振に……。

 

「ファンとしては、“後味の悪い出来事”として、鮮明に記憶に残っていることでしょう。しかし、この“大谷包囲網”をかいくぐり、MVPに輝いたことで、“本物”であることを証明できました。

 

 たしかに審判団からすれば、当時の大谷は“まだ2年めの選手”と思われていたのかもしれません。ただ、蓋を開けてみれば、今季は本塁打46 打点100 盗塁26の大活躍。いまや審判団も、一流選手として大谷を認めざると得ないといえます」(スポーツ紙記者)

 

 来季の活躍も期待されている大谷。11月15日の記者会見では、自身のチーム残留の可能性を問われると「ファンの人も好きですし球団自体の雰囲気も好き。ただ、それ以上に勝ちたいっていう気持ちのほうが強い。プレイヤーとしてはそのほうが正しいんじゃないかなと思っている」と答えていた。

 

 どこに移籍しても“SHOW TIME”は続く気もするが……。

 

(SmartFLASH)
続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入