最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1631号
2月1日号
1月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

12月24日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

大谷翔平 『紅白歌合戦』審査員出演はなし…NHK局員が明かす“アスリートすぎる”辞退の理由

スポーツ 投稿日:2021.12.25 06:00FLASH編集部

大谷翔平 『紅白歌合戦』審査員出演はなし…NHK局員が明かす“アスリートすぎる”辞退の理由

 

「今年(2021年)の成績が最低(ライン)じゃないかな、と思いますね。今年できたことが来年できないということは、もちろんなくしたい。ここを基準にまた来年、頑張る基準になるかなと個人的に思います」

 

 10月にNHKスペシャル『メジャーリーガー大谷翔平~2021超進化を語る~』のなかでそう語っていたのは、大谷翔平(27)だ。

 

 

 投手としてチーム最多の9勝(2敗)、156奪三振。打者としてはリーグ3位の46本塁打、100打点、26盗塁と、まさに“リアル二刀流”で前人未到の大記録を打ち立てた。贈られた賞は、リーグMVPをはじめ「11冠」。

 

 それでも大谷は、歩みを止めることを知らない。

 

「大谷は野球に関して満足することをしないんです。今季あれだけの成績を残しながら、そこが最低ラインで、さらに高みにいこうとしています。11月30日にロサンゼルスから帰国しましたが、隔離期間を経て、その後は夜は早めに休んで、トレーニングに没頭しています。まさに、トレーニング“オタク”たるゆえんでしょう」(担当記者)

 

 それこそ国民的ヒーローとなった大谷だが、トレーニング以外には目も向けないとのことだ。

 

「各テレビ局は、大谷のインタビュー、あわよくばバラエティ番組への出演を何度も依頼しましたが、すべて断ったと聞いています。ある局は、たった一度の出演に数百万円を提示しましたが、『(トレーニングの)ルーティンを崩したくない』と、断わられたそうです」(芸能記者)

 

 大谷がエンゼルスに入団した際、マイク・ソーシア元監督が「大谷の野球に対する姿勢には頭が下がる。とにかく野球、トレーニングがすべてなんだ。若手の見本だね。ただ、ここはカリフォルニア。ディズニーランドもあるし、もっとここでの生活をエンジョイしてもいいと思うんだけど(笑)」と語ったことがあった。

 

 帰国後も、契約するスポーツ用品メーカーの施設で練習に没頭し、テレビ出演はほとんどなし。そんななか唯一、出場が見込まれていたのが大晦日の『NHK紅白歌合戦』だった。日に日に出演の報道が目立ち、あとは発表を待つだけだったのだが…。発表された同番組の審査員に大谷の名前はなかった。

 

 なぜ有力視された出演がなくなってしまったのか。NHK局員が事情を明かしてくれた。

 

「NHKは水面下で、大谷さんへ『紅白』の審査員として出演交渉をおこなっていたのは事実です。しかし、土壇場で出演は断わられることになりました。その理由には、NHKへの不信感があったようです。その発端となったのは、『紅白』の参加歌手や概要などの記者発表の際に『大谷翔平さんにも審査員として出ていただければありがたい』という発言でした。

 

 NHKは大谷さんに対して出演依頼をした際に、『こういう(依頼の)話をしていることを他言しないでもらいたい』とお願いしていました。にもかかわらず、記者発表で製作責任者がはしゃいでしまったのか、あたかも交渉しているかの印象を与えるような発言をしたことで『話が違う』となってしまったようなんです。

 

 最終的には、大谷さんから『今の時期に大切なトレーニングのルーティンを崩したくない』といった理由で断られたと聞いています。まさに“アスリートすぎる”理由に、局員はぐうの音もでないといったところでしょうか。

 

 ならば『番組の冒頭だけでも出演をお願いしたい』と、まだ未練がましくギリギリまで返答をお待ちしているんですが…」

 

 “ショータイム”は、野球でしか見せないのが大谷スタイル。だからこそ、唯一無二の選手なのだろう。

 

(SmartFLASH)
続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月28日発売
表紙:賀喜遥香(乃木坂46)

詳細・購入