最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1651号
7月5日号
6月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月24日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

大乱調の五月場所で微妙な判定続出…大相撲審判に「物言いつけろ」の声声声

スポーツ 投稿日:2022.05.17 19:45FLASH編集部

大乱調の五月場所で微妙な判定続出…大相撲審判に「物言いつけろ」の声声声

若隆景(奥)は貴景勝をはたき込みで破ったが…(5月16日、写真・時事通信)

 

 横綱・大関が揃いも揃って大乱調。空前の混戦となっている大相撲五月場所。ふがいない上位陣に辛口の意見が多いのは当然だが、厳しい目を向けられているのはそれだけではない。

 

 土俵下に陣取る「審判部」の親方たちへの批判だ。

 

 場所中日の5月15日。結び前は、絶不調の大関・正代と、朝青龍の甥で成長著しい小結・豊昇龍という、注目の取組。攻めたのは正代だったが、土俵際でもつれ、豊昇龍も最後に逆転の投げを打って――という一番だった。

 

 

 行事軍配は正代に上がったものの、テレビ中継のリプレイでは、正代の肩が先に落ちていたように見えた。解説の舞の海も「スローで見ると、豊昇龍のほうが有利ですね。軍配は正代に上がってしまいましたけどね。物言いはつけるべきだったですね」とコメントした。あれだけ微妙な勝負なら、土俵下の審判が手をあげて物言いすべき、という意見だ。

 

 角界のご意見番、北の富士も、新聞の連載コラムに《正代に軍配があがった時、これは物言いがつくと見ていたが、物言いもつかなかった。》《際どい時は、空振りでも良いから、物言いはつけるべきです。》と、苦言を呈している。

 

 翌日の九日目(16日)にも、「おや?」となる取組が2番。

 

 土俵際でのきわどい勝負だった琴ノ若ー北勝富士。直後、SNSには、

 

《いや、北勝富士ー琴ノ若物言いつかないんか??昨日のこともあったのに何も変わってないじゃんか》

 

《今日も琴ノ若と北勝富士の取り組み判定は微妙だった。こういう取り組みは物言いがついて当然だと思うが、なぜ検証しないのか。新しい審判団は閉鎖的な状況を打開するべきだと思うが》

 

 などのコメントが並んだ。

 

 さらに物議を醸したのが、若隆景ー貴景勝の一戦だ。取組の最中、前のめりになった若隆景の手が一瞬、土俵の砂を叩いたようにも……。

 

 この一番にもSNSでは、

 

《何回リプレイ見ても若隆景の手がついてたようにしか見えないな…この場所ちょっと行司も審判部もおかしくないかな、物言いもつかないのはちょっとおかしいよ、、》

 

 などのコメントが多数。いったいなぜこんなことになったのか。

 

「一言でいえば、土俵下にいる審判たちの問題です。話題になった3番は、いずれも物言いがついて当然でした。理由のひとつとしてあげられるのが、新米審判です。

 

 先場所後に相撲協会の異動があり、今場所から新しく審判部に配属された親方が多いんです。

 

 とはいえ、5人の審判員が新米ばかりにはならないので、それが理由とは考えづらい。実際、新しく審判になった二所ノ関親方(元稀勢の里)は積極的に手をあげていますし」(相撲ライター)

 

 とにかく微妙な判定には、どんどん物言いをつける以外に、道はないという。

 

「大相撲で勝負を決めるのは、行司ではなく審判委員です。行事軍配に異議を感じた場合、物言いをして協議する義務がある。物言いは審判だけではなく、土俵下で控えている力士もつけることができます。2014年五月場所で、控えにいた横綱・白鵬が物言いをつけたことがあります」(同)

 

 野球のようにビデオ判定を導入すればよいのでは?

 

「大相撲ではとっくに導入されていますよ。1969年に起きた横綱・大鵬の取組の『誤審事件』をきっかけに、同年の五月場所から始まっているんです。

 

 ビデオがある部屋にも審判の親方がいて、そこで確認した内容を協議している親方に伝えます。ただ、相撲の勝負の判定は『早く出た』『先に落ちた』だけではないので、ビデオ判定はあくまで目安。最終的には直接見ていた審判の判断で決まります」(同)

 

 微妙な判定が続いたことが話題になったためか、十日目(17日)は幕内だけで物言いがついた取組が4番も。これにはSNSの相撲ファンも《今日は物言いが多くてよかった!確認の協議大事!!》と納得の様子。相撲協会の「聞く力」、意外とあるようです。

 

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入