スポーツスポーツ

元関脇・豊ノ島の愛されエピソードを一挙出し…断髪式には浜田雅功、今田耕司ら多数の芸人も参加

スポーツ 投稿日:2022.05.30 11:00FLASH編集部

元関脇・豊ノ島の愛されエピソードを一挙出し…断髪式には浜田雅功、今田耕司ら多数の芸人も参加

断髪式で時津風親方にはさみを入れてもらう元関脇・豊ノ島(写真/時事通信)

 

 2020年4月に現役を引退した元関脇・豊ノ島さんの断髪式が、5月28日に東京・両国国技館でおこなわれました。

 

 豊ノ島さんは芸人顔負けのトーク力で、バラエティ番組に引っ張りだこ。芸能界の交友関係も広いようです。

 

 この日もダウンタウンの浜田雅功さん、今田耕司さん、はなわさん、ナイツ・塙宣之さん、武井壮さん、長州小力さんなど多くの方たちが来場し、豊ノ島さんの髷にハサミを入れていました。

 

 

 筆者は以前、豊ノ島さんに、楽しいインタビュー取材をさせていただきました。

 

 大相撲で横綱、大関に次ぐ地位の関脇にまで上りつめ、『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)をはじめ、数多くのメディアに露出し、順風満帆の相撲人生を送っていた豊ノ島さん。

 

 しかし、2016年の名古屋場所前の稽古で、左アキレス腱断裂という大ケガに見舞われました。それにより二場所連続休場し、12年ぶりに幕下に陥落することになったのです。

 

 幕下に落ちると給料はなく「養成員場所手当」として2カ月で15万円が支払われるだけ。要するに力士見習いになるのです。

 

 当時33歳だった豊ノ島さん。関脇を経験し、相撲界ではベテランと言われる状況から、突如、見習いという立場を味わうことになりました。

 

 ご本人は、「最初はすぐに関取に戻れる」と思っていたそうですが、度重なるケガにより、十両に復帰するまで約2年半も要することになったのです。

 

「幕下に落ちて、まず(プロとしての)給料がなくなって、付け人もいなくなりました。

 

 食事や風呂の順番も番付順なんですよ。親方が気を使ってくれて、『そこは、いいよ』と言ってくれたんですけど、甘えたくないなと。ここで甘えたら、俺の相撲人生はすんなり終わるんじゃないかと思って、断りました。

 

 だから、地方場所では若い衆と一緒に大部屋で寝ましたし、東京は、無給状態だったので、安い家賃の家に引っ越しました」

 

 関取と幕下以下では天国と地獄ぐらい違うと言われています。その状況をプライベートでも改めて感じたと言います。

 

「幕下に落ちていた時期に、携帯が壊れて、機種変更に行ったんです。そのときに年収を書く欄があったんで、店員さんに『去年まではそこそこ収入があったんですけど、諸事情があって今は少ないんです』って相談したら、『今の年収を書いてください』って言われたんです。だから90万円と書きました。

 

 そしたら店員さんに、『この年収だと審査が通らないので去年のでいいです』と言われて。関取時代の年収を書いたら、店員さんに『いや、何があったんですか!?』って驚かれましたね(笑)」

 

 そんな時期を経験し、やっとの思いで幕内に復帰した際は、嬉しい出来事もありました。

 

「僕の十両復帰が決まった場所で、横綱の白鵬関が優勝したんで、そのお祝いの席に呼んでいただいたんですよ。

 

 そしたら横綱から『今場所、すごい意気込みで頑張った力士がいて、見事、目標を達成できました』と、みんなの前で僕を紹介していただいたんです。

 

 そのときに横綱と抱き合ったんですが、僕の耳元で横綱が「豊、まだ頑張ろうな」って……そしたら、涙が止まらなくなって。

 

 2人で抱き合いながら『横綱って、やっぱり大きいな』と思い、感極まって、僕はずっと横綱を抱きしめていたんですよ。

 

 それがあまりにも長かったんでしょうね。あとから、その場面の写真を見せてもらったら、横綱が『もういいだろう』って顔でちょっと引いてました(笑)」

 

 今後は親方として後進の指導に当たるのはもちろんですが、バラエティ界でも、さらに活躍されることでしょう。18年間の現役生活、本当にお疲れ様でした。

 

インタビューマン山下
1968年、香川県生まれ。1992年、世界のナベアツ(現・桂三度)とジャリズム結成、2011年に解散。同年、オモロー山下に改名し、ピン活動するも2017年に芸人を引退しライターに転身。しかし2021年に芸人に復帰し現在は芸人とライターの二足のわらじで活動している

 

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事