最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1652号
7月12日号
6月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月28日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

注目の3団体統一戦目前! 井上尚弥「神がかり的な強さ」の裏で語っていた“すごすぎる”野望

スポーツ 投稿日:2022.06.07 15:29FLASH編集部

注目の3団体統一戦目前! 井上尚弥「神がかり的な強さ」の裏で語っていた“すごすぎる”野望

2021年12月14日、WBA&IBF世界バンタム級統一戦でアラン・ディバエンに勝利し、ファンとの撮影に応じる井上尚弥

 

 6月7日、さいたまスーパーアリーナでWBCバンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と再戦する、WBA・IBFバンタム級王者の井上尚弥

 

 両雄の対戦は2019年11月以来、2年半ぶり。前回は12ラウンドの死闘の末に井上が判定勝ちを収めた。国内外で年間最高試合に選ばれるほどの名勝負だっただけに、再戦への期待が高まるのも当然だ。

 

 

 試合をおよそ半日後に控えた6月7日午前10時過ぎ、井上は自身のTwitterを更新。

 

《今夜は歴史的な日に 必ず3団体統一王者に》

 

と、強い決意を言葉で表現した。

 

 これまで22戦無敗、うちKO勝ちが19回。「日本ボクシング史上最高傑作」と言われるほどの圧倒的な強さを誇る井上。これまで、ライトフライ級(WBC)、スーパーフライ級(WBO)、そしてバンタム級(WBA、IBF)を制覇。バンタム級では無敵と称される「モンスター」だが、過去にはこんな“野望”を語っていた。

 

「バンタムのひとつ上のスーパーバンタムを2020年か、2021年の早い段階で狙っていきたいと思っています。何階級まで? う~ん、フェザー級までですか。そこは30歳台の早い段階ですね」

 

 これは2019年12月、ドネア戦に勝利を収めた後の発言。各界のトップアスリートが対戦し、最強スポーツを決めるというフジテレビの番組に参加したときのものだ。

 

「2021年の早い段階というのは間に合いませんでしたが、スーパーバンタム級への挑戦は今後、十分にありえると思います。2021年の年末には、『(2022年の)12月くらいにスーパーバンタム級に転向することができたら』と発言しています」(スポーツ紙記者)

 

 では、スーパーバンタム級のひとつ上、フェザー級はどうか。

 

「井上は4月に29歳になりました。スーパーバンタム級をあっさり制することができれば、『30歳台の早い段階』での挑戦はありえるでしょうね。なにせ、ここまで底を見せていない“モンスター”ですから。何をやり遂げても驚きませんよ」(同前)

 

 2021年12月の防衛戦では、試合からわずか1時間半後に、出待ちのファンたち全員とツーショット写真を撮る“神対応”を見せた井上。その際には、試合直後とは思えないほど傷ひとつない顔で登場し、ファンを驚かせた。それだけ、バンタム級では圧倒的な存在だということだ。

 

「ドネアとの再戦は、3団体統一という大きなタイトルがかかりますが、井上自身が言っているように、4団体統一への通過点でしかない。そしてその先にはスーパーバンタム、フェザー級まで見据えている。圧倒的な力の違いを見せつけてほしいですね」(同)

 

 運命のゴングが鳴るのは、午後9時15分だ。

 

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入