最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

18号特大アーチも “空砲”、大谷翔平トレードは不可避か…エンゼルスを悩ませる「史上最悪の契約」

スポーツ 投稿日:2022.07.02 15:44FLASH編集部

18号特大アーチも “空砲”、大谷翔平トレードは不可避か…エンゼルスを悩ませる「史上最悪の契約」

写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

 

 7月2日(日本時間)、アストロズ戦で18号本塁打を放ったエンゼルス大谷翔平。ライトスタンドの2階席に飛び込む特大の先制弾だったが、その直後にエ軍先発投手が大炎上。終わってみればエンゼルスの得点はこの1点のみ。わずか2安打、8−1でアストロズに大敗した。

 

 6月の大谷は6本塁打、打率2割9分8厘。投げては4勝をあげ、防御率は1.52。月間MVPに選出されてもおかしくないほどの大活躍をみせており、7月に入っても好調を維持できているとみてもよさそうだ。

 

 

 だが、大谷が活躍すればするほど大きくなってくるのが、トレードの噂だ。

 

「現地6月30日付で、歴史ある米メディア『スポーティング・ニュース』に『エンゼルスはトラウトか大谷をトレードすべきかもしれない』と題する記事が掲載されました。単なる噂ではなく、客観的な分析による記事で、説得力があります」(スポーツライター)

 

 この記事の前半部分はマイク・トラウトについて書かれており、2030年まで契約が残っているトラウトのトレードの可能性は低いとした上で、「では、大谷翔平はどうか」と続く。

 

「エンゼルスにとって大きな問題となっているのが、アンソニー・レンドンです。2019年オフにエンゼルスと7年総額2億4500万ドル(当時レートで約266億円)という巨額の契約を結びましたが、ケガが多くほとんど戦力となっていない。2021年は出場がわずか58試合で6本塁打、34打点。2022年は45試合で5本塁打、24打点。しかも右手首の手術を受け、今季絶望となっています。

 

 2023年から2026年までの4年間、エンゼルスはトラウトとレンドンの2選手だけで、毎年7250万ドル(約98億円)を払い続ける必要がある。2023年オフにFAとなる大谷が、もし1年あたり3500万ドル(約47億円)で契約すれば、3選手で1億750万ドル(145億円)になる。

 

 記事では、もし2人の選手を残し、それがトラウトとレンドンの場合、大谷をフリーエージェントで放出するわけにはいかず、その可能性はゼロだと書いています。つまり2023年オフの前にトレードに出すということです。

 

 また、トラウトと大谷の両方をトレードする可能性もゼロではないとしていますが、いずれにしても問題はレンドンとの契約で、レンドンが復帰できなければ『史上最悪の契約として語り継がれる』と書いています」(同)

 

 大谷の18号本塁打の動画をアップしたエンゼルスの公式Twitterにも、ファンたちの辛辣なコメントが並んでいる。

 

《残酷だ。大谷はチームを離れる日を指折り数えているに違いない。エンゼルスは彼の才能を無駄にしている》

 

《彼をトレードしてくれ。ゴミみたいなチームでスターを無駄にしている》

 

 今季、ナショナル・リーグでも指名打者制度が導入されたことで、トレード先となるチームが増えたという背景もある。その日はいつか——。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入