最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

エンゼルス3選手トレードで、大谷翔平頼りの “ブラック球団化”…いちばんの危険は「過労でケガ」

スポーツ 投稿日:2022.08.03 17:17FLASH編集部

エンゼルス3選手トレードで、大谷翔平頼りの “ブラック球団化”…いちばんの危険は「過労でケガ」

写真・アフロ

 

 日本時間8月3日に期限を迎えたMLBトレード期間。2023年オフにFA権を取得する大谷翔平の去就に注目が集まったが、エンゼルス残留という結果になった。

 

 その代わり、エンゼルスは3選手をトレードに出した。ブランドン・マーシュ外野手、先発右腕のノア・シンダーガード投手、抑えのライセル・イグレシアス投手だ。

 

 

「エンゼルスは有望株の若手4人とベテラン1人を見返りに得ました。シンダーガード選手とイグレシアス選手の放出については、現地でもおおむね前向きに捉えられています。というのも、2人とも巨額の契約をしているわりに、期待される結果を出せていませんでしたからね。

 

 しかし、まだ24歳と若いマーシュ選手を出したことには疑問が残ります。打撃の調子はよくありませんが、守備のうまさはピカイチ。トラウトが動けない今、彼をなぜ出したのか。フロントへの批判の声は大きいですよ。

 

 今回のトレードは、エンゼルスにとって戦力補強というより、経費削減の意味合いが強いのでしょう」(現地紙記者)

 

 結果的に、今回のトレードではエンゼルスは “売り手” になった。そこで不安視されるのが、大谷のケガだ。

 

「浮いた予算で、大谷をなんとか引き留めたいと考えているのかもしれません。しかし、なかなか勝てないエンゼルスが、さらに戦力を削ったことで、大谷にのしかかる負担は増えるでしょう。

 

 ただでさえ2刀流という前人未踏のスタイルで試合に出続けているのに、エンゼルスはますます “大谷頼り” の姿勢です。

 

 大谷は、途中降板を嫌がるなど、とにかく試合に出たがるタイプ。むしろ監督やチームが大谷の体を慮って、“待った” をかける必要があります。

 

 しかし、今後は戦力不足からチームがそうしたブレーキを利かせられなくなる。過労でケガをする可能性がいちばん心配です」(同)

 

 来季こそは “ブラック球団” から逃げ出してほしいものだが……。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入