最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1657号
8月23日・30日号
8月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月26日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

ダルビッシュのパドレスが「オッズ12倍」で4番人気に浮上…トレード期限後にMLB公式がワールドシリーズを予想

スポーツ 投稿日:2022.08.05 16:30FLASH編集部

ダルビッシュのパドレスが「オッズ12倍」で4番人気に浮上…トレード期限後にMLB公式がワールドシリーズを予想

ダルビッシュに期待(写真:AP/アフロ)

 

 トレード期限が終わった8月4日(日本時間)、MLB公式サイトが30球団の「パワーランキング」を発表した。

 

 注目されたエンゼルスの大谷翔平のトレードはなかったものの、デッドライン直前になって大型トレードが続々成立。それらを踏まえ、勢力図はどう変わったのか――興味深い内容となっている。

 

 ランキング1位はヤンキース。13年ぶりのワールドシリーズ制覇を目指し、投手・野手を補強。43本塁打と今季絶好調の主砲アーロン・ジャッジ以下、スター選手が揃い、ワールドシリーズ制覇のオッズは4.9倍となっている(オッズはファンタジースポーツ大手『DraftKings』によるもの)。

 

 

 2位はドジャース。トレードの補強はなかったが、こちらもスター軍団。オッズはヤンキースと並んで4.9倍。3位はアストロズ。オリオールズからスラッガーのマンシーニを獲得し打線強化。オッズは5.75倍。

 

 上位3チームはトレード期限前と変わらぬ順位だったが、4位にはダルビッシュ有が所属するパドレスが、6位から浮上した。今夏、トレード市場最大の目玉だったフアン・ソトを獲得し、打線を強化。メジャー屈指の抑え投手、ジョシュ・ヘイダーも獲得し、地区首位のドジャースを追う。オッズは12倍だ。

 

 5位にはメッツ。トレード期限前の4位からひとつ順位を落としたが、オールスター後は好調。デグロムとシャーザーの両エースが相次いで復帰し、メジャー最強の先発ローテーションが完成したことで、オッズはパドレスより上の7.5倍。

 

 大きく順位を上げたのが、菊池雄星が所属するブルージェイズ。トレード期限前の12位から7位に浮上した。地区首位のヤンキースからは10.5ゲーム差と大きく離されているが、ア・リーグのワイルドカード争いでは首位。7月に監督が解任されて以降、打線が絶好調で、トレードではブルペンを補強。プレーオフ出場の可能性は十分だ。

 

 なお、エンゼルスは、22位から21位に。抑えのライセル・イグレシアス、若手のブランドン・マーシュらを放出したが、他チームの戦力が大きく下がったため、相対的に順位が上がったようだ。

 

「勝率が6割を超えているヤンキース、ドジャース、アストロズ、メッツの間にパドレスが割り込んできました。582億円の契約を蹴ったことで話題の大砲・ソトの加入が大きいのは間違いない。

 

 2021年はシーズン終了目前でプレーオフ進出を逃しているだけに、今季にかけるチームフロントの意気込みを感じます。昨オフでケガをしたタティスJr.もプレーオフまでには復帰できる見込みで、期待は高まります。

 

 ブルージェイズも、打線が好調を維持できれば、プレーオフ進出はもちろん、さらに上を目指せそうです」(スポーツライター)

 

 10月はダルビッシュと菊池に注目だ。

 


( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入