最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1662号
10月11日号
9月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

逆V字に折るのはもう古い!甲子園球児“帽子のおしゃれ“トレンドが変化…『ハイキュー!!』名台詞刻む選手も

スポーツ 投稿日:2022.08.22 06:00FLASH編集部

逆V字に折るのはもう古い!甲子園球児“帽子のおしゃれ“トレンドが変化…『ハイキュー!!』名台詞刻む選手も

粘り強い好投が注目された佐山。「思い出なんかいらん」は、人気漫画『ハイキュー!!』の名台詞

 

 坊主頭に代表されるように、部則が厳しい高校野球において、球児が見た目でアピールできる部分といえば、帽子のつばくらいなのかもしれない。かつては、つばを“逆V字”に折るのが伝統芸だったが、そんな“おしゃれ心”にちょっとした変化が見られると語るのは、あるスポーツ紙記者だ。

 

「つばを折った帽子は影を潜め、まっすぐにして被る選手が多いんです。メジャーリーグのトレンドが輸入された形ですね。今夏の甲子園では、まっすぐなつばの裏に極太の油性ペンで文字を書いた選手が目立ちました」

 

 

 長年、高校野球を取材してきた田尻賢誉氏が解説する。

 

「つばの裏に文字を入れるのは、20年くらい前から見られるようになりました。今回は選手への取材がオンラインに限られているので、ネタ探しの意味でもカメラマンが撮ったつば裏の文字がクローズアップされているのでしょう」

 

 では、どんな文字が流行っているのか。

 

「いちばん多いのは、自分の好きな言葉でしょうね。漢字一文字や心に残っている言葉など。次に多いのがベンチに入れなかった仲間が、その選手へ託す言葉ですね」

 

 コロナ禍で声出し応援ができなかったことで、仲間の託す言葉の重みが増していることも影響しているという。

 

 また、今の時代ならではの言葉もある。

 

「予選で負けてしまった高校の選手なんですが、つばに『がんばって』と、ハートマークを添えて彼女が書いていたんですよ。さすがに監督に怒られて、黒く塗り潰されましたけどね(笑)」

 

 とはいえ、大半の選手が書き込んでいたのは自分を鼓舞する熱血な言葉。スマホ世代はクールといわれるが、“昭和”な球児魂は、令和にも受け継がれている。

 

 ここで、本誌が目撃した選手たちの帽子を紹介しよう。

 

敦賀気比・大味悠人 3回戦で聖光学院に敗れたが、最後にマウンドに立った大味。「命俺流」という熱血メッセージが光る

 

大阪桐蔭・丸山一喜 春夏連覇の夢を断たれた大阪桐蔭の強力打線を率いた四番・丸山のつばには「桐の横綱」

 

大阪桐蔭・前田悠伍 来年のエース候補、大阪桐蔭2年生の前田。まさに「華」のある豪腕ぶりで注目を集めた

 

聖光学院・佐山未來 粘り強い好投が注目された佐山。「思い出なんかいらん」は、人気漫画『ハイキュー!!』の名台詞

 

明豊・坂本海斗 3回戦で愛工大名電に敗れた明豊の左腕・坂本。「大丈夫」と、極太の文字が綴られている

 

高松商業・浅野翔吾 「屋島魂」を掲げる高松商業の主将・浅野。「114代目」野球部のスローガン「イチ岩」を体現した

 


( 週刊FLASH 2022年9月6日号 )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月29日発売
表紙:えなこ 伊織もえ 篠崎こころ

詳細・購入