最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1669号
12月13日号
11月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月29日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

大谷翔平に史上初「1対10トレード計画」が浮上!常勝軍団移籍→ワールドシリーズの可能性も

スポーツ 投稿日:2022.11.03 06:00FLASH編集部

大谷翔平に史上初「1対10トレード計画」が浮上!常勝軍団移籍→ワールドシリーズの可能性も

今シーズンのチームMVPと最優秀投手賞を2年連続でダブル受賞した(写真・共同通信)

 

 来季年俸を日本人メジャーリーガー最高額となる1年3千万ドル(約43億9千600万円)で、エンゼルスと契約を結んだ大谷翔平(28)。だがアメリカでは、来オフにFAとなる大谷の移籍の噂がいまだに燻っている。MLB公式サイトが「今季オフ、あるいは来季途中にトレードされる可能性はおおいにある」と掲載。米スポーツメディア「ブリーチャー・レポート」でも来季トレードされる可能性が高い選手で、25人中1位にランキングされている。なぜ大谷が、トレード候補の最有力に挙げられるのか。そこには、8年連続でプレーオフ進出を逃したチーム事情が絡んでくる。

 

 

「現オーナーが球団売却の可能性を発言して以来、新オーナー候補にNBAのゴールデンステイト・ウォリアーズのオーナー、J・レイコブ氏やロサンゼルス・タイムズのオーナー、P・スンシオン氏らの名前が挙がりました。また日本企業からもソフトバンクの孫正義氏や楽天グループの三木谷浩史氏の名が挙がっています。ただ、どれも憶測の域を出ません。新オーナーが誰に決まるかで、大谷がFA後もチームに残るかどうかが決まります。そこが不透明なので、トレードが実現してもおかしくないといわれているんです」(現地の野球記者)

 

 もうひとつの要因が、エンゼルスの選手層の薄さである。今季、チームの顔である主砲のM・トラウト(31)をはじめ怪我人が続出。それを穴埋めできる若手選手が皆無だった。その証拠に、どれだけ有望選手がいるかというファーム組織のランキングを発表しているMLB公式サイトで、エンゼルスは30球団中最下位。だからこそ「大谷を出して若手有望株を大勢獲ることが、再建への唯一の近道」と、前出の記者は続ける。

 

「チームを再建するにはFA補強が早いのですが、大金が必要なので限りがあります。だから、大谷をトレードに出して多くの有望株を獲得するほうが現実的なのです。『ブリーチャー・レポート』は同地区のレンジャースに対して『有望株を5人出してでも獲るべき』と提案しましたが、今季の活躍を見れば、大谷一人に対して、若手有望株10人くらいの常識外れのトレードを画策する球団が出てきてもおかしくない、といわれています」

 

 トレード先候補はどこか?

 

「同じロスが本拠地のドジャースです。ドジャースはファーム組織ランキングでもオリオールズに続く2位で、個人では若手有望株のB・ミラーを筆頭に、他球団が欲しがる若手が大勢います。

 

 もうひとつの候補が、ニューヨーク・ヤンキース。ここはチーム事情が関係してきます。なぜなら、今季62本塁打を放ったA・ジャッジがFAになります。彼を失った場合に大谷が獲れれば、チームもファンも納得するでしょう」

 

 エンゼルスはチーム再建、大谷も念願の強豪チームへ移籍と、ウィンウィンの計画なのだ。

( 週刊FLASH 2022年11月15日号 )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初秋号
8月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入