最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1675号
2月7日号
1月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月24日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

WBCメンバー30人決定報道に「外野4人は少なすぎ」と議論沸騰「センターラインを軽視」「塩見、近本はいないの?」

スポーツ 投稿日:2023.01.15 19:00FLASH編集部

WBCメンバー30人決定報道に「外野4人は少なすぎ」と議論沸騰「センターラインを軽視」「塩見、近本はいないの?」

1月6日、先行メンバー発表に臨んだ栗山英樹監督と大谷翔平(写真・共同通信)

 

 3月におこなわれるWBCの日本代表全メンバー30人が決定したと、1月15日付の「デイリースポーツ」が報じた。

 

「二刀流」エンゼルス・大谷翔平(28)、「2年連続投手5冠」オリックス・山本由伸(24)、「史上最年少3冠王」村上宗隆(22)ら先行発表メンバーに加え、14人以上の登録が義務づけられる投手陣はオリックス・宇田川優希(24)、ヤクルト・高橋奎二(25)、中日・高橋宏斗(20)らが選ばれたという。

 

 

 また同記事によると、外野手はソフトバンク・近藤健介(29)、カブス・鈴木誠也(28)、レッドソックス・吉田正尚(29)、侍ジャパン初の日系外国人のカーディナルス・ラーズ・ヌートバー(25)の4人。

 

 だが、4人では少なすぎるのではないかと不安視する声が広がり、Twitterでは「外野4人」がトレンド入りした。

 

《外野4人って、マジで大谷を1試合二刀流で使うつもりなのか》

 

《てか外野4人て大丈夫か?まぁ、周東・岡本・大谷もできるっちゃできるけど》

 

《ヌートバーも右翼本職やし、周東もサードやし 今回の侍JAPANはセンターラインを結構軽視しとるよな》

 

《流石にメイン外野4人はちょい不安じゃね?と思ってしまう 塩見近本辺りがいた方が…》

 

 ソフトバンク・周東佑京(26)は、同記事では内野手とされていたが、外野も守れるユーティリティ・プレーヤー。ただ、2019年のプレミア12でおもに代走として出場し、4盗塁で盗塁王になって優勝に貢献したことを考えれば、「切り札」として控えに回る可能性がある。

 

 また、投手かDHが現実的な大谷が外野を守ることは考えづらい。そうすると、やはり4人では心もとなく感じるのも仕方ないところだ。

 

 各球団のリードオフマンを担い、ミート力と俊足が魅力のヤクルト・塩見泰隆(29)や阪神・近本光司(28)がなぜ外野手に選ばれなかったのかという疑問もあがっている。

 

「野球はセンターラインが大事と言われるわけですから、いま考えられるセンターがヌートバーだけなのは、たしかに懸念される点です。ただ、ほかのオプションを考える必要がないくらいメンバーが固定されているという見方もできます。栗山(英樹)監督の覚悟の表われかもしれません」(プロ野球関係者)

 

 メンバー選考で物議を醸すも、“史上最強” との呼び声も高い「侍ジャパン」は、3大会ぶりの世界一奪還を目指し、初戦は3月9日に中国と対戦する。

( SmartFLASH )

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入