最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1555号
4月14日号
3月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

清宮幸太郎プロ志望でも「巨人」には行かない理由スポーツ 投稿日:2017.09.28 06:00

清宮幸太郎プロ志望でも「巨人」には行かない理由

 

「私、清宮幸太郎はプロ志望届を提出することに決めました」
 9月22日、早稲田実業の小室哲哉記念ホールに集まった50社、130名の報道陣が固唾をのんで見守るなか、清宮幸太郎(18)は自身の進路について言明した。

 

 高校通算111本塁打の清宮がプロ入りを表明したことで、スカウト陣の動きが慌ただしくなってきた。なにしろ2017年のドラフトは、「清宮の動向が決まらない限り動きようがない」といわれていたほどである。

 

「12球団が1位にリストアップしているのは当然のこと。なかでも熱心に動いているのが阪神、ヤクルト、ソフトバンク、日本ハム。阪神の坂井信也オーナーは、『清宮を絶対に獲る!』と断言している」(担当記者)

 

 某球団の幹部も、9月末までに情報を集め、清宮獲得に乗り出すという。

 

「早めにプロ志望を表明したのは、ドラフトまでの間に各球団から話を聞きたいという意思の表われ。守備はまだプロレベルではないが、DHなら即一軍もありえる。将来の夢は、メジャーで活躍することと言っているので、うちもそういったスタンスで、彼を後押ししたいと考えている」

 

 そんななか、清宮の意向に沿わない球団ともっぱらの評判なのが、生え抜きのスター不足に悩む巨人だ。

 

「会見で『12球団OK』と語っていたが、ポスティングでのメジャー移籍を認めてくれるところに行きたいのが本音。だが、巨人はポスティングを認めていない。

 

 じつは巨人のあるスカウトが、『もうポスティングがダメとか、古いことを言っていたら誰も来てくれなくなる。だが、渡邉恒雄主筆が元気なうちは、絶対に変わらない』と頭を抱えている。

 

 たとえ清宮の指名権を獲れたとしても、断わられる可能性が高い。巨人は、清宮指名を回避するのではないか」(スポーツ紙デスク)

 

(週刊FLASH 2017年10月10日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入