最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1466号
5月1日号
4月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

4月15日増刊号
3月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第9弾】4月20日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

ロシアW杯「ハリルジャパン」怪物封じへ「城彰二」が提言スポーツ 2018.01.11

『ハメス・ロドリゲス(写真:AP/アフロ)』

『ハメス・ロドリゲス(写真:AP/アフロ)』

 

 2017年12月2日未明のロシアW杯組み合わせ抽選会で、FIFAランク55位の日本は、コロンビア、セネガル、ポーランドの順に対戦することが決定した。

 

 今回の組み合わせについて元日本代表FWの城彰二氏(42)が各チームの怪物対策を練る。

 

●2018年6月19日(火)24時 コロンビア戦

 

 怪物はハメス・ロドリゲス(26・MF)。ブラジルW杯での大活躍で、移籍金約100億円でレアルに加入も、ベンチウオーマーに甘んじていた。今季バイエルンに主戦場を移し、ようやく出場機会が増えてきた。

 

「素晴らしい技術をもとに、ゲームコントロールにも秀でる司令塔。厄介なのはゲームを作るだけでなく、予選6ゴールからもわかるように得点力もあること。レベル、センスがひとつ上の存在ですね。

 

 ボディコンタクトにも強さを見せますが、じつは嫌がる傾向にある。日本が封じ込めるためには一人ではなく、2人で挟み込むなどして、粘り強い守備を何度も繰り返すことが必要となってくるでしょう」

 

●2018年6月24日(日)24時 セネガル戦

 

 爆発的なスピードでDFラインをぶち抜き、強烈なシュートを放つ怪物サディオ・マネ(25・FW)。いまや、名門リバプールのエースに君臨する。

 

「最近はとくに調子がいい。自分のリズムでプレーしはじめたら、手がつけられないほどのプレーを見せます。半面、精神的な脆さを感じることもある。うまくプレーできない時間が長くなると、イライラしはじめる。

 

 日本としてはそうした精神状態に追い込みたい。マンマークはもちろんですが、すり抜けることもうまいので、つねにもう一人がカバリングの意識を持つことを心がけてほしい。しつこくしつこく、相手をいらつかせる戦術が重要になります」

 

●2018年6月28日(木)23時 ポーランド戦

 

 バイエルンでは4度のリーグ制覇、2度の得点王を獲得。足元の技術、高さ、個人での打開と、すべてを兼ね備えた世界屈指のストライカーであるロベルト・レヴァンドフスキ(29・FW)。FKも得意。

 

「バイエルンでも好調を維持。はっきり言って彼にボールが入ってしまえば、一人では止めるのが困難な、典型的なセンターフォワードですね。

 

 ならば日本としては、その前の段階で勝負したい。サイドからのクロスを上げさせないとか、パスコースを限定して守備に入るとか、彼にプレーさせないこと。

 

 そこさえ徹底していければ、ポーランドはチームとして、けっして戦い難いチームではありません」

 

(週刊FLASH 2017年12月19日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年GW号
4月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

Vol.3 2月2日発売
表紙:中田花奈・桜井玲香・秋元真夏・若月佑美

詳細・購入