最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

写写丸が見た「平昌五輪」松岡修造に「寒くないの?」と直撃

スポーツ 投稿日:2018.02.25 16:00FLASH編集部

写写丸が見た「平昌五輪」松岡修造に「寒くないの?」と直撃

『松岡修造とTBS石井大裕アナ』

 

 ついに閉会を迎える平昌五輪
 今回、テレビ朝日のキャスターとして現地に派遣されていたのが松岡修造(50)だ。日本でいちばん熱いといわれるこの男だが、どうやら平昌五輪期間中にあるルールを設けていたようだ。

 

 同じく現地キャスターとして活躍していた織田信成のツイッターによると、

 

「心も体も熱い」
「とどけよう勇気」
「寒い(は)禁句」

 

 この3つが松岡修造の言葉と思われる。写々丸も、何度となく会場で遭遇した松岡修造の “熱い光景” を目にしていた。

 

 それは、日本チームが金メダルを獲得した21日のスピードスケート・パシュート決勝。開始直前のスタンドに190cm近い松岡修造が現れると、近くにいた日本人観客は騒然。松岡は観客に会釈しながらスタンド最上段まで登っていった。

 

 いちばん高いところから快挙の瞬間を見届けるのか、と想像していたのも束の間、会場内にスターターの「レディー」の声が響くと、松岡もリンク上の選手たちと同じようにスタート体勢をとっているではないか! そして、号砲とともにその場で小走りを始め、声援を送る。まさしく心も体も熱かった。

 

 さて、いちばん気になるのは、松岡が掲げた「寒い禁句」の言葉。極寒といわれた平昌五輪でこれは達成できたのか? パシュートの翌日、22日にはノルディック複合・団体がおこなわれた。そこでも、写写丸は松岡を発見。しかし、ウォッチングしていると何やら様子がおかしい。

 

 あの熱い男がマスクをしている! これは、まさかの風邪か? そんなふうに心配な気持ちで様子を眺めていた。日本は4位でメダルを逃してしまったが、松岡の応援も体調不良で不発だったのか……。

 

 そう考えながら外に出た瞬間、ちょうど視線の向こうから松岡がやってくるではないか。しかも、マイナス3度の気温と吹雪のなか、ダウンも身につけず長袖のTシャツだけ。この格好ではさすがに寒いのでは? 通り過ぎる瞬間、思わず「寒くないんですか?」と直撃。

 

 それに対する答えは……「いまは大丈夫です!」。
 そう答えて、松岡修造は小走りでプレスルームに入っていくのだった。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入