最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月24日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

シドニー五輪・競泳「源純夏」徳島でライフセーバーに

スポーツ 投稿日:2018.06.02 09:00FLASH編集部

シドニー五輪・競泳「源純夏」徳島でライフセーバーに

 

 2000年、シドニー五輪競泳女子メドレーリレーの日本チームには、中央大学水泳部の選手が3人いた。背泳ぎの中村真衣、平泳ぎの田中雅美、そして自由形の源純夏だ。

 

 源がこう話す。

 

「3人とも、4年前のアトランタ五輪に出ていましたが、成績はいまひとつでした。シドニーでは絶対メダルを持ち帰るぞ、という気持ちで結束していました」

 

 銅メダルを獲得、リベンジを果たした。

 

 それから18年。源は小松に姓が変わり、徳島市に住んでいる。夫は外資系金融マンだ。

 

「7年前、ライフセービングに出会いました。当時、県にはライフセーバーがいなかった。多くの方に支えられてきた水泳人生。そろそろ、社会貢献で恩返しをしようと思ったんです」

 

 2012年、発起人となって徳島ライフセービングクラブを設立。いまは約30人のメンバーがいる。

 

「海水浴場での事故原因のトップは飲酒。海では、お酒は控えめに!」

 

みなもとすみか
1979年5月2日生まれ アトランタ、シドニー五輪に出場。現在、徳島県水泳連盟理事。徳島市郊外の小松海水浴場を中心にライフセービング活動に取り組む

 

(週刊FLASH 2018年5月8・15日合併号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入