最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1554号
3月31日・4月7日合併号
3月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

西野朗監督「驚異の観察眼」でメンバーの精神状態を把握スポーツ 投稿日:2018.06.19 09:00

西野朗監督「驚異の観察眼」でメンバーの精神状態を把握

 

 ロシアW杯の初戦が直前に迫ったサッカー日本代表の西野朗監督(63)。1996年アトランタ五輪で日本がブラジルを破った「マイアミの奇跡」で知られる名将には、驚異の観察眼があった――。

 

 アトランタ五輪の代表DFだった白井博幸氏(43)が当時のことを語る。

 

「僕たちのときはユース世代(18歳以下)から五輪までずっと一緒で、西野さんと同じように山本昌邦さん(60)がコーチでついていたんです。

 

 どちらかというと山本さんが、バーッっと指示をする側。西野さんは、逆にほとんど声を荒げないが、指示は的確に出すんです」

 

 当時の代表メンバーは口を揃えて、山本コーチが兄貴分で、西野監督は冷静に見守るタイプと語っている。
 白井氏は西野監督のこんなエピソードも語ってくれた。

 

「あれはシンガポールだったかな……。僕がホテルの朝食で余ったパンをもらって池のコイにエサをあげていたことがあったんですよ。

 

 その場面を誰にも見られていないと思ってたんですが、あるとき、西野さんの本に『白井がコイにパンをあげていた』って書いてあると教えてもらったんですよ。それを聞いて、『西野さん、よく見てたんだな~』と思いましたね(笑)。

 

 監督のなかには自分のやりたいことをただ押しつけてくる人もいますけど、西野さんは自由にやらせてくれる。

 

 朝、一緒に散歩に行ったりとか、食事を一緒にしたりとか、サッカー以外のところで話して、よく選手とコミュニケーションを取っていました。

 

 でも、僕がコイにエサをあげているようなところを見て、選手の本当の精神状態とかを把握していたんでしょうね」

 

 遠いロシアで、西野監督はいまも選手の動向に目を光らせている……と信じたい。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入