最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

W杯日本代表「逃げ切り8分」も過去には「逃げ切り83分」がスポーツ 投稿日:2018.07.02 18:00

W杯日本代表「逃げ切り8分」も過去には「逃げ切り83分」が

 

「皆さん日本代表vs.ポーランド何をどう感じましたか?言いたい事は沢山あります…が。でも、もう終わった事。決勝トーナメント進出を果たしてくれた我らが日本代表、素直に『おめでとう』」

 

 負けていても、“逃げ切り” を選択したポーランド戦のラスト8分。西野朗監督(63)の采配には、非難が多く寄せられた。芸能界一のサッカー通の小柳ルミ子(66)も、複雑な心境を自身のブログで吐露している。

 

 

 それもそのはずだ。戦前、「他会場の結果等を気にするな。得失点差、イエローの数、そんな事気にせず勝ち点3を獲りに行くのだ」と綴っていたが、皮肉にもそのイエローの数によって日本は決勝T進出を果たしたのだから。

 

 しかし、消極的ともいえる戦い方は、じつは立派な戦術でもある。1982年スペインW杯で、同様の事件が起きた。

 

 一次リーグ、オーストリアが2勝、西ドイツ、アルジェリアが1勝1敗、チリが2敗という展開だった。第3戦、まず1試合めにアルジェリアがチリに3-2で勝利。この結果、翌日の試合でオーストリアは負けても2点差以内、西ドイツは勝てば二次リーグに進出することができた。

 

 この時代、第3戦が同日同時刻に始まるシステムではなかったのだ。それをいいことに、前半7分に西ドイツが先制すると、両チームはその後、ともに攻める意思を見せず、そのままタイムアップ。

 

 両チームは二次リーグに進んだが、日本の残り8分どころか、10倍以上の83分間、観客は緊張感のない試合を見せられつづけたのである。

 

 ただ今回、小柳が見たかったのは、最後までファイティングポーズを取りつづける日本代表の姿だった。

 

「約10分にも及ぶボール回しの時、日本サポーターからもポーランドサポーターからも大ブーイングで、私は泣きそうだった。闘わずして逃げ切ろう…という策に出たのかと。サポーターが観たいのは…サッカーの魅力は…感動は…そうじゃないだろう? 必死に闘う姿じゃないのかなぁ」

 

 ボルテージが上がってきたところで、決勝Tへ進出した日本代表に熱い檄を飛ばした。 

 

「腰の引けた闘いではコテンパンにやられる。当たって、当たって、当たって砕けろ。いや……当たって砕け! 真っ向勝負を観せてくれ!!」
(週刊FLASH 2018年7月17日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入